大貫勇輔が歌って踊って笑わせる!「円城寺になるスイッチを見つけることができた」「劇場版 ルパンの娘」公開記念カウントダウン特集 第1弾

特集・インタビュー
2021年10月13日

 

10月15日(金)全国ロードショー、「劇場版 ルパンの娘」公開記念カウントダウン特集! 第1弾に登場するのは、ミュージカルシーンが人気の円城寺を演じる大貫勇輔さん。今回も愛する華をサポートするのはもちろん、歌って踊って笑わせてくれる円城寺のキャラクターが炸裂しています!

 

◆劇場版の製作が決まった時の心境はいかがでしたか?

映画になることが純粋にうれしかったです。まずシーズン1で終わると思っていたら、シーズン2が決まり、さらに映画化まで、すごくうれしい流れで、その全てに関わることができて、ありがたいですね。

◆映画らしく壮大なスケールの作品になっていますが、完成した作品をご覧になった感想は?

純粋に面白かったです。あまり先入観を持たず、一観客として観てみようと思ったのですが、気がつけば笑って、泣いていましたね。もちろん“円城寺、ここで出てくるんだ!?”と思ったりもしたけど(笑)、僕は特に三雲尊を演じる渡部篤郎さんのお芝居に胸が熱くなり、涙しました。尊さんはいろんな思いを抱いてここまできたんだなって。感動もあり、素晴らしいスタッフとキャストがそろった、素敵な映画だなと思いましたね。

◆ドラマ2作、映画と続き、現場はどんな雰囲気だったのでしょうか。

監督の武内英樹さんのお人柄なのか、とにかく明るい現場でした。シーズン1からそんな空気感でしたが、回を重ねるごとに団結力が高まっていったというか、あうんの呼吸じゃないですけど、何を言わずとも連携している感のある現場です。それが気持ち良かったですし、いい意味でお互いに頼っているけれど、それは甘えているのではなく、作品をより良くするにはどうすればいいかをみんなが考えているから、連携が取れていくんだなと思いました。刺激になる現場でしたし、純粋に楽しかったです。なおかつ現場は真面目でほど良いピリピリ感もある。良いもの作りをする上で大切なものがたくさんある、と思いながら現場に立っていましたね。

◆劇場版で演じるにあたり、円城寺について、あらためてどんな人物だと思いましたか?

劇中で円城寺本人が言っていますが、華ファーストですよね。本当に華を一番に思う男性だと思います。ドラマのシーズン1では自分の恋を実らせようと一生懸命動くけれど、最終的には彼女の幸せを願う。そしてシーズン2では彼女をサポートして、劇場版では自分の夢を追いかけるような、また新しい形で登場します。もちろん愛しい華を助けるシーンもありますが、円城寺はマイペースに我が道を行く人なんだなって思いましたね。

◆好きな人の幸せを願い、サポートする円城寺の心意気を、同じ男性から見てどう思いますか?

カッコイイですよね。自分ならあそこまでできるのかなと思うくらい、一度愛した女性を徹底的に守る。なんて言うんですかね、騎士道…ナイト感がすごいなって思います。

◆円城寺が一途に思い続けている華という女性の魅力は、どんなところにあると思いますか?

それは考えたことがなかった!(笑)

  1. 1
  2. 2
  3. 3