瀬戸康史の「お宝」はもちろん…!『ルパン』出演で肉体改造も!「劇場版 ルパンの娘」公開記念カウントダウン特集 第3弾

特集・インタビュー
2021年10月15日

10月15日(金)全国ロードショー、「劇場版 ルパンの娘」公開記念カウントダウン特集! 最終回となる第3弾に登場するのは、三雲華の夫・桜庭和馬を演じている瀬戸康史さん。今、あらためて思う桜庭和馬という人物や作品の魅力、またLの一族が狙うお宝にかけて、瀬戸さんご自身の「お宝」についても教えてもらいました!

 

◆劇場版の脚本を読んだ時の感想から聞かせてください。

いつもなんですが、今回さらに「どういうこと!?(笑)」と思うシーンが多く、字だけでは分からないところが多々ありました。なので、仮本編を観た時に「ここはこうなっていたんだ」という場面が結構あって。自分が関わっていないシーンは、特にそう思いましたね。例えば、三雲家が凍っていくシーンは大爆笑で、どんぐりさんの入れ歯や、(小沢)真珠さんがくしゃみの途中で凍るシーンは本当に面白かったです。

◆テレビシリーズ2作を経ての劇場版。共演者の皆さんとのチームワークはいかがですか?

チームワークは、シーズン1からとても良かったです。劇場版の撮影はシーズン2のすぐ後で、スタッフ陣も同じ方が多かったので、いい雰囲気でやれていたと思います。

◆劇場版らしいスケールの大きい映像で、海外ロケなのかと思いきや、実は日本で撮影されていたとか。

大勢いるロケは、背景のみCGです。渡部さんと真珠さんの「愛の不時着」のシーンは、「ここに山があって…」とCGで入る背景の説明がありました。「だからこういうリアクションをしてほしい」と(笑)。

◆CGを使った撮影ならではの面白さはどんなところですか?

完成して初めて「こうなっていたんだ!」というワクワク感や、新鮮な感じがありますね。和馬がてんとう虫3号のコックピットにいる場面も、「こんなふうになってるんだ!!」と楽しく観ることができました(笑)。てんとう虫3号は毎回すごいんです。今回も細かいところまでこだわって作られていて、CGチームの気合いを感じますね。

◆桜庭和馬を演じる楽しさって、どんなところですか?

脚本通りにやれば楽しくなります。僕は、本当に脚本通りにやっているだけで(笑)。だから脚本が面白いんです。監督やプロデューサー、脚本家といった生み出している人がすごい。しかもその面白さをどんどんどんどん更新しないといけないじゃないですか。そう考えると、大変だろうなって思います。

◆瀬戸さんが感じる和馬という人物の魅力は?

抜けているところがチャーミングだと思います。今回も華を悲しませておいて、“それ!?”っていうシーンがありますから。ひどいですよね(笑)。だから完璧なヒーローではなく、ダメなところもいっぱいある。そもそも捕まえる側なのに捕まっちゃいますし。でも熱い男だし、敵がどれだけ多かろうと立ち向かう強さもある。抜けているところがかわいくて、熱い一面もあるのが魅力だと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3