渡部篤郎&小沢真珠版『愛の不時着』!「尊と悦子にとってイチャイチャは“日常”」「劇場版 ルパンの娘」公開記念カウントダウン特集 第2弾

特集・インタビュー
2021年10月14日

10月15日(金)全国ロードショー、「劇場版 ルパンの娘」公開記念カウントダウン特集! 第2弾に登場するのは、主人公・三雲華の両親を演じる渡部篤郎さんと小沢真珠さん。すっかりラブラブな夫婦役が板についたお2人。今回は人気韓国ドラマの名シーンにも挑戦。撮影中の裏話など、楽しいお話を聞かせてくれました。

 

◆映画化の話を聞いた時の感想はいかがでしたか?

渡部:作品の面白さを認めていただいたという証拠だと思うので、俳優からしてみれば純粋にうれしかったです。製作側にも作品に対する強い思い入れがないと企画は動かないですから、ありがたいと思いましたね。

小沢:私もうれしかったですね。ドラマから脚本がとても面白くて、毎回撮影に入るのが楽しみでしたし、映画になると聞いて、どんな話になるんだろうってワクワクがありました。

◆ドラマ2作を経ての映画化になりますが、夫婦を演じてお2人の呼吸はどんな風に変化してきましたか?

渡部:特に変化してないですよね…?

小沢:(笑)。私は最初のころ、テンションを上げるのが大変だったんです。役柄を掴めていなかったので、渡部さんが「こうしたらいいんじゃない?」ってアドバイスをたくさんしてくださいました。

渡部:僕は初めからずっと楽しくできました。もちろんみんな最初は手探りだったと思いますが、僕も助けてもらいましたし、そうやってみんなでやってきました。

◆1期、2期、そして映画と続いて、さらに距離が近くなったのではと思うのですが。

渡部:そんなことないです。ずっと同じまま。お互い大人ですから、ね?

小沢:(笑)。

◆「こうくるだろうな」って、お互いのパターンが分かったりしたのでは?

渡部:そういうのはあったかもしれないですね。小沢さんに限らず、主演の深田(恭子)さんをはじめ、皆さんのクセみたいなものは分かってきた気がします。

小沢:1期、2期と続いて、いい意味で慣れてきますからね。

渡部:撮影はどんどん進んでいくので、慣れたからといってそこで止まってはいられませんからね。今、振り返って1人ひとりの特徴みたいなものが分かったんじゃないかって思います。

小沢:ただ、慣れって怖いなと思うこともあって…最初のころは(尊と悦子として)イチャイチャしようと思って、お芝居になるとスイッチが入る感じがあったんです。でも慣れてきて、2期ではスイッチをあまり入れなくなる時があったのか、監督から「もっとイチャイチャして」って言われることが、たまにありました。意識しなくなることに関しては、自分の中では悪い面と良い面があったのかなって思います。シーズン2の途中から、監督からは常にイチャイチャしてほしいと言われていたので(笑)。“あ、そうだ、そうだ”って思う瞬間もありました。

◆毎回イチャイチャしなければいけないということは、パターンが同じにならないようになど、試行錯誤されたのでは?

渡部:僕はそんな感じはしなかったけどね。尊と悦子にとっては日常のことだと思って演じているので、パターンを変えなきゃとか、そういうことも考えませんでした。監督から「こんなのどう?」って、きちんとした演出があったので、それに準じてやっていましたね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3