野村周平の“熱い”トークが炸裂して話は意外な方向に!? 藤井夏恋は本格的演技初挑戦!『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』

特集・インタビュー
2021年10月20日

若手起業家の熱いストーリーが人気を呼んだ『会社は学校じゃねぇんだよ』の続編、『会社は学校じゃねぇんだよ 新世代逆襲編』がABEMAにて10月21日(木)から放送開始。イタいくらいにアツい主人公・鶴田祐介を演じる野村周平さんと、祐介の恋人役・常田智美を演じる藤井夏恋さんに、ドラマのことはもちろん、今2人が熱くなっているものについて教えてもらいました。

 

◆出演することが決まった時の率直な気持ちはいかがでしたか?

野村:1作目がかなり話題になっていたので、その作品の続編に主演として呼んでもらえてうれしかったです。

藤井:お話を頂いた時はすごくビックリしました。アーティスト活動を今後も継続していくことはずっと考えていましたが、何か新たな挑戦をして活動の幅を広げたいなと思っていた時期だったので。そのタイミングでこのお話を頂き、(ドラマ出演ということで)不安なこともあり最初はちょっと迷いましたが、出演させていただくことを決めました。

◆今回も熱いドラマになりそうですが、脚本を拝見すると野村さんは長いせりふが多い印象です。やはり覚えるのは大変でしたか?

野村:最初は大変でした。でも今は少しずつ慣れてきて、流れで覚えられるようになりました。

藤井:スタッフさんから聞いたんですけど、脚本を書く時に祐介は長台詞キャラにしようって話があったそうで。確かに長台詞がたくさんあるなって思いました。

野村:何でそんなこと知ってるの…?

藤井:たまたま聞いたんです(笑)。

野村:確かに長い! 台本1ページはもちろん、2ページ分のせりふもあるからね。

◆ビジネス用語や専門用語も多いと思いますが、覚えるコツってあるんですか?

野村:勉強ですね。脚本を読みながら暗記します。難しいけど、やたら出てくるので言い慣れてきますし。でも台本上で説明してくれているので、どういう言葉なのかはそこで分かるし、役作りとして起業家の方のYouTubeを見て参考にしてます。

◆藤井さんは役作りのためにしたことは、何かありますか?

藤井:私は今、ブランドのディレクターをやらせていただいているんですけど、毎日のように「どうやったらうまくいくんだろう」と打ち合わせをするので、その経験が役に立ってます。

◆お互いの印象はいかがですか?

野村:きましたね、その質問!(笑)

藤井:きましたね(笑)。

野村:作品に入る前から悪い人じゃないのは知っているので、毎回共演者の方の印象は、案の定悪い人じゃなかったっていう感じです。俺は「悪い人だと思ってた」って言われるけど(苦笑)。“怖い人”という印象を持たれることが多いんですが、実際に会ってみると「いい人」って言われる。毎回そう言われるので、ショックです(笑)。

藤井:私は俳優としての作品や、バラエティ番組などに出演している野村さんも見たことがあったので、面白い方だなと思っていました。なので、もともと性格がいい方なんだろうなと思っていたけど、実際お会いしてみると、まさにその通りで。

野村:うれしいです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3