高梨臨インタビュー「基本ラッキーですが、買い物運はない気がします(笑)」『アンラッキーガール!』

特集・インタビュー
2021年10月21日

とにかくツイてない福良幸(福良幸)、朝倉香(若月佑美)、綾波樹(高梨臨)の3人が、幸せをつかむため奮闘するドラマ『アンラッキーガール!』(読売テレビ・日本テレビ系 (木) 後11・59 )。仕事運ゼロの樹を演じている高梨さんが、アンラッキーな撮影エピソードや自らの運について語ってくれました。

 

◆最初に脚本を読んだ時、どんなドラマだと感じましたか?

次から次へと不運なことが起こるのがおかしくて、3人の会話のリズムも想像しながら楽しく読めました。脚本を読んでいる時は他人事だったのですが、いざ自分の身に起こるとなると大変ですね。撮影の中で一つひとつアンラッキーを起こしていくために、すごく手間がかかっていて。

◆印象的だったアンラッキーなシーンは?

階段から落ちるシーンです。クッション的なものを腰に当てて、スタッフさんに引っ張ってもらいながら落ちるんですけど、マンガみたいに階段でガックンガックンなりながら落ちていくのが面白かったです。あと、遥ちゃんが顔面ケーキまみれになるシーンも衝撃的で。バラエティでもなかなかお目にかかれないくらい、もうぐちゃぐちゃなんですよ! だから、面白い、かわいそう、怖い…みたいにいろいろな感情が押し寄せてきて、結構引いちゃいました(笑)。実は私も今後“顔面ケーキ”をやる疑惑があるんです。でも遥ちゃんの顔面ケーキを超える映像は撮れないと思うし、できれば勘弁していただきたいです(笑)。

◆高梨さん演じる樹は、どんな女性だと感じていますか?

言いにくいこともズバズバ言っちゃう人だと思います。あと、ファッションセンスが独特だなって。撮影前は単に運が悪くて就職できないのかなと思っていたんですけど、実はヘンな人なんだ、それは就職も決まらないだろうなと思いました(笑)。あと合コンに元カレが来ちゃったりするところを見ると、仕事運だけじゃなく男運もないんでしょうね…。

◆同じ女性として共感できる部分はありますか?

感情豊かで一生懸命なところかな。不器用で方向性が間違っている時もありますが、とにかく一生懸命なところは好感が持てるし、応援したくなります。だから演じる時もとにかく一生懸命にやることを心掛けています。あと、樹って何かにつけてすぐ怒るんです(笑)。そこを中途半端に演じると、単にいつもイライラしてる、うるさい女に見えてしまうので。傍から見ていると滑稽に見えるくらい、大げさに怒ることにしています。

◆樹が怒る理由、分かるところもありますか?

いえ、私はほぼ怒らないですね。昔は怒ることもありましたが、もうそんな体力もなくて(笑)。怒ると疲れちゃうじゃないですか。なので樹を演じながら、“また今日も怒らなきゃいけないのか”と思う時があります(笑)。でもあんなに大声を出すことは普段ないし、いいストレス発散になっています!

  1. 1
  2. 2
  3. 3