BMKインタビュー「BOYS AND MENさんに追いつけるように頑張りたい」

特集・インタビュー
2021年10月22日

BOYS AND MENの弟分グループ・BMKがメジャー2ndシングル「Beat Monster」をリリース。ハロウィンの時期にもぴったりな本作の聴きどころやレコーディング時の裏話などもお伺いしました! さらにハロウィンにまつわるエピソードも!

 

◆2ndシングル「Beat Monster」は、一度聴いただけで思わず口ずさみたくなるようなキャッチーなメロディーが印象的です。この季節にピッタリなパーティーソングとなっていますが、初めて今作を聞いた時の感想から教えてください。

米谷恭輔:この曲は今までのBMKになかった曲調で、怪しげなイントロから始まってサビではハッピーな感じになる、1曲の中ですごく振り幅がある楽曲です。聴くだけで楽しい気分になれますし、僕たちもパフォーマンスをしていてすごく楽しいので、BMKにピッタリな曲に出会えてよかったなって思いました。

佐藤匠:9か月ぶりのシングルということで、2曲目は一体どんな楽曲になるんだろう? とドキドキしていました。ハロウィンらしく、モンスターたちのかわいい部分とちょっと気味の悪い部分がいい感じに表現されていて、聴いた瞬間からワクワクが止まらなかったです!

◆レコーディングはいかがでしたか?

三隅一輝:僕らの楽曲は事前にディレクションしてくださる方が「この子はこのパート」と割り振りを決めてくださっているんですけど、この曲に関してはこれまでとやり方が違って。サビは全員で歌っているんですけど、そのあとのカタカナの歌詞の部分は選抜式で、実際にレコーディングしてみてよかったメンバーを当てはめていくことになったんです。誰もが選ばれるチャンスがあったので、音源を頂いてからそれぞれが必死に練習して。熱量を持って、各々の色を出そうと頑張ってレコーディングに挑んだので、その熱量が音源からも伝わるんじゃないかと思います。

米谷:落ちサビは結構戦いだったよね。

一同:そうだね。

◆その戦いを勝ち取ったのは誰だったんですか?

米谷:僕とみかちゃん(三隅)とたくみん(佐藤)ですね。

松岡拳紀介:(米谷に無言でエルボーする)

一同:(笑)

中原聡太:僕とけんぱ(松岡)は選ばれなかったんですけど、僕たちの思いもちゃんと入っています!

三隅:全員ソロパートがありますし、声にも異なる特徴があるので、ぜひ耳を澄まして誰が歌っているのか聞き分けながら聞いていただけたら、より今作を楽しんでいただけるんじゃないかと思います。

◆楽曲の世界観を体現したダンスにも注目ですが、ポイントを教えてください。

松岡:両手を使ったサビのモンスターポーズですね。手を左右、上下に振ったり、前に出したり…メロディーと同じで、一度見たら自然と覚えてしまう、簡単で踊りやすい振りになっているので、ぜひ僕らのまねをして踊ってほしいです。間奏でも1人ずつ踊っているので、ダンスでもそれぞれのカラー(個性)をぜひ見て楽しんでもらいたいです。

◆今作を通して伝えたい思いはありますか?

米谷:今、世の中にはいろんな規則があったり、よくない空気が流れたりしていますけど、この曲を聴いている時は、シンプルにラフな心で楽しんでほしいですね。歌詞にカタカナが多用されていたり、“恐竜”とか“1億年前”とか不思議なワードがたくさん出てきたりもしますし、“ミラーボール”とあるように皆さんのダンスフロアというか心が解放できる場所になったらいいなと思います。

中原:二番の歌詞では僕たちにリンクするポイントもあるんです。物語として楽しめるだけでなく、初めて聴いた人でも“BMKってこういう人たちなんだ”と分かっていただけるんじゃないかなと思います。逆に今まで僕らを応援してきてくれたファンの方には「あっ、こういうところあるよね。分かる~」って共感してもらえると思いますね。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4