水樹奈々インタビュー、1年ぶりとなるシングルのテーマは「愛」 20年の時を経てセルフカバーされたキャラソンにも注目

特集・インタビュー
2021年10月26日

声優アーティストのトップランナー・水樹奈々さんが約1年ぶりとなるニューシングルをリリース。新曲「Get up! Shout!」は、水樹さんも玉村たまお役で出演しているテレビアニメ『SHAMAN KING』の第2弾OPテーマ。20年の時を経て、今『SHAMAN KING』という作品の主題歌を担当することへの思いなどを聞きました。

 

◆水樹さんは2000年版のテレビアニメ『シャーマンキング』にも出演していましたが、当時の思い出は?

とにかくそうそうたるキャストで、当時は「私がここに名を連ねていいのか」と、毎日お腹が痛くなるくらい緊張していました。阿弥陀丸役の小西克幸さんが声をかけてくださって、アフレコ終わりに皆さんとご飯を食べに行って、そこでいろいろなお話をさせてもらえたことが刺激的でしたね。

◆そんな緊張でいっぱいだった水樹さんが、約20年後の今回、OPテーマを担当することになりました。

「本当に私でいいんですか…?」と聞き返しました(笑)。これまで、林原めぐみさんが主題歌を担当されていたので、緊張とプレッシャーで震えました。

◆そんなOPテーマの「Get up! Shout!」は、疾走感のあるナンバーです。

私からは、歌始まりであること、古き良き日本を感じるような昭和テイストを織り交ぜてほしいとお願いして、コンペで決めました。歌始まりは、林原めぐみさんが歌われていた歴代主題歌と構成を揃えたいと思ったんです。そして昭和テイストは、『SHAMAN KING』の世界観のベースになっていて。この「Get up! Shout!」は、ストレートなロックサウンドと歌謡曲のエッセンスが融合していて、満場一致で決まりました。その後、疾走感だけでなくフックになるような部分も入れるなどブラッシュアップしていきました。

◆『SHAMAN KING』という作品の個性を曲でも表現しようしたんですね。

この作品は見方によっては、「正義も悪になる」という大きなテーマを扱っていて、心をえぐられるシーンがたくさんあります。それを楽曲でも表現したかったんです。

◆作詞のテーマは?

シンプルに言うと「愛」です。アニメに寄り添いつつ、現実にも置き換えられるようなバランスで「愛」を描けたらと思いました。作品としては、葉とハオの想いを主軸に置きつつ、ホロホロや蓮、リゼルグなど様々なキャラクターの想いを重ねられるものにしたくて。でも、曲の構成自体はシンプルだから、難しい言葉や遠回しな比喩表現を入れると伝わりにくくなってしまう。なので、できるだけストレートな言葉で書くことを意識しつつ、読み手によって捉え方が変化するような、シンプルなのに何層にも感じられるようにしたいと、とかなり熟考しました。

◆キャラクターが個性的すぎて、多角的に描くのは難しそうですが。

主人公の葉は、みんなが“ラク”に生きられる世界を作りたい人で、全てのことに「愛」で向き合うキャラクターなんです。どんなに自分が傷つけられてもやり返すのではなく、受け止めて、どうしたら自分がその人のために動けるのかを考える。物事に柔軟に向き合える姿勢、その共存の仕方を届けられたらいいなと思いました。葉以外のキャラクターもみんな根底には「愛」があるので、彼らが伝えたいメッセージを少しずつ織り込んでいった感じです。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4