寺島しのぶ『女系家族』で宮沢りえと激突! 自身は歌舞伎役者の家に生まれて「“なぜウチは…”と思ったこともありました」

特集・インタビュー
2021年12月04日

これまで何度も映像化されてきた山崎豊子さんの不朽の名作「女系家族」が、テレビ朝日系の2夜連続ドラマスペシャルとして、12月4日(土)と5日(日)の後9・00から放送される。老舗木綿問屋「矢島商店」を舞台に、女性たちの壮絶な遺産相続争いを描くストーリー。W主演として宮沢りえさんとともに本作に挑んだのが、寺島しのぶさんだ。演じているのは、矢島家の総領娘=長女の藤代。映像表現の多彩さに定評のある巨匠・鶴橋康夫監督の脚本・演出に、寺島さんはどう向き合ったのか。撮影秘話や共演者との思い出などもお聞きしました。

 

◆寺島さん演じる藤代は、莫大な遺産をめぐって父・嘉蔵(役所広司)の愛人・文乃(宮沢)と激しく対立する役どころです。宮沢さんとの共演はいかがでしたか?

文乃との出会いのシーンは、どこか切なかったです。宮沢さんが演じられているので、“父親の愛人はこの人か。こんなにきれいな人だったら、お父さんも惚れちゃうだろうな”という説得力もありました。年齢が藤代と変わらないので、とても複雑ですよね。お父さんは矢島家では絶対に話せない事を文乃には話せるということもあったでしょうね。文乃に安らぎを求めていたというのは理解できますね。

◆宮沢さんは、もしまた寺島さんと共演できるなら仲のいい役で共演してみたいとコメントされていました。

そうなんですね! 仲のいい役…映画「テルマ&ルイーズ」みたいなイメージですかね。あっ、でも、2人で漫才をする役とかも面白そう。阿佐ヶ谷姉妹さんはもうドラマ化されてしまっているから、こまどり姉妹さんをモデルにした作品とかどうですかね。

◆ぜひ見てみたいです! 藤代は文乃だけでなく、妹である次女・千寿(水川あさみ)、三女の雛子(山本美月)とも骨肉の争いを繰り広げます。

千寿は次女のちゃっかりした感じがありますよね。最終的に一番おいしいところをとっていくんです。もし藤代が千寿みたいな性格だったら、そして総領娘じゃなかったら、矢島家はあそこまで揉めなかったでしょうね。きっと藤代自身も性格的に自分には総領娘は合わないと分かっているけど、総領娘になったからにはそう生きざるを得ないので、ぐちゃぐちゃになってしまったんですね。

◆長女の呪縛にとらわれてしまっていると。

そうですね。藤代はお父さんとろくに会話もしてこなかったので、やっぱり寂しい思いをしていたんじゃないですかね。その点、千寿はしっかりした旦那さんもいて、“これから矢島商店をどうしようか”とちゃんと先のことを見据えている。なので、どう考えても千寿が仕切るのがいいはずなんですけど、藤代は代々の教えもあって“長女がしっかりやらなきゃいけない!”と変に気負ってしまっているんですよね。

◆いっぽう、末っ子である雛子については?

何といっても、雛子には叔母さん(渡辺えり)がバックについていますからね。叔母さんがいなければ、雛子は「私はもう、この家なんかどうでもいいから出ていく」と言ったと思うんです。そっちのほうが伸び伸びできるでしょうし。だけど、叔母さんから「それはダメよ!」と焚きつけられて、相続争いに参加せざるを得なくなった。

◆叔母の芳子は、雛子を操ることで遺産を狙っていますからね。

三姉妹みんな矢島家で戦っているんですけど、藤代がほかの2人と違うのは、1人ぼっちだということ。千寿には旦那さんがいて、雛子には叔母さんがついている。そういう寂しさもあって、藤代は芳三郎(伊藤英明)と恋愛関係になるんですけど…結局だまされてしまう。男を見る目ないんですよね。まぁ、私はそこも長女らしくて好きなんですけど。

◆脚本のト書きにも、“藤代はこの手の男に弱い”と書かれていましたね(笑)。

そうなんですよ(笑)。伊藤君も、これはだまされるだろうなというキラースマイルを何回も見せてきますからね。あのきれいな白い歯にはやられてしまいますよね(笑)。

  1. 1
  2. 2