新婚・武田真治が22歳年下妻との2ショット写真秘話を語る『キメツケ!』8・11放送 | TV LIFE web

新婚・武田真治が22歳年下妻との2ショット写真秘話を語る『キメツケ!』8・11放送

バラエティ
2020年08月11日

『やすとも・友近のキメツケ!』

8月11日(火)放送の『やすとも・友近のキメツケ!』(カンテレ)に、武田真治が初登場する。

「武田真治の持ち込みキメツケ」「コレあったら暑い夏も快適!」「ドラマでそれないわ!と思うこと」などをテーマにトークを展開。番組冒頭、MC陣から「ご結婚おめでとうございます!」と祝福を受けた武田は、SNSで話題となった愛妻との2ショット写真撮影秘話を明かす。

『やすとも・友近のキメツケ!』

そして、武田の“女性に関して日々思っているキメツケ”意見は「女性は、私が○○だったら絶対○○なのにって軽々しく言う」というもの。野球やサッカーなどスポーツを見ている時、「私だったらこうするわ」「監督の采配が悪い」など、女性はできるはずもないのに好き勝手に言いがちだと語ると、ともこが「やすよなんて、自分のダンナ(元プロ野球選手の投手)に“ダルビッシュみたいにやったら良かったのに”って言うもんね(笑)」と反応する。

また「コレあったら暑い夏も快適!」では、鉄のマスク、ひんやりムースなど最新“ひんやりグッズ”を紹介。暑さ対策について武田は「僕は特にないです。むしろ、寒がりで夏でも羽織るものを持っています」と意外な一面を明かし、「日本人は厚着だと思う」と、クールビズに対して個人的な提案を投げかける。

『やすとも・友近のキメツケ!』

さらに「ドラマでそれないわ!と思うこと」では、街の人から「不良なのに毎日学校へ行く」「寝起きでもバッチリメイク」「なぜかいつもタクシーを走って追いかける」など、さまざまな意見が続々と登場。武田は、自身の代表作でもあるドラマ『南くんの恋人』(テレビ朝日系)のワンシーンについて語り、“それはないなと思ったこと”など、撮影当時の気持ちを振り返る。

  1. 1
  2. 2