“あざとキング”Sexy Zone中島健人、秘技「好きで包囲」で弘中綾香アナをノックアウト | TV LIFE web

“あざとキング”Sexy Zone中島健人、秘技「好きで包囲」で弘中綾香アナをノックアウト

バラエティ
2020年11月07日

『あざとくて何が悪いの?』

Sexy Zoneの中島健人が、11月7日と14日(土)放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系 後9・55)にゲスト出演する。

この番組は、山里亮太、田中みな実、弘中綾香アナウンサーが“あざとさ”について語り合うバラエティ。田中はレギュラー初回のゲスト予想で中島の名前を挙げており、「ジャニーズさんどころか、芸能界の中でのあざといピラミッドの頂点!」と脱帽。弘中アナも「20歳そこそこの時から天賦の才能を発揮されている!」と絶賛する“あざとキング”がついに降臨する。

スタジオに登場するやいなや、そのあざとさで山里に「あざといパンチをズドーン」と言わしめた中島。田中が中島の名前を挙げていたことについても、「Twitterでトレンド検索をしたら、『中島健人 田中みな実』と出てきて、『あれ?オレ、熱愛出たのかな?』と思って(笑)」とさらり。田中は女心を刺激され、「私があと10コ若かったら、危なかったですよ!」と慌てふためく。

中島は今回の出演に気合十分で、爽やかな笑顔を浮かべながらも田中と弘中アナを前に「今日はお二人がいらっしゃいますし、相応な覚悟で来てます」と宣戦布告。「これまで表に公開したことがない」という“あざとさの手札”の裏側を明かすほか、「あざとさはサンタさんと一緒」「灯台下暗しプレイ」「腹チラ」「好きサラ男子」など名言を連発する。

番組では中島にちなんで“あざとい年下男子”をフィーチャー。中島は年下男子にめっぽう弱い弘中アナを相手に、震える上級テクニック“好きで包囲する”を実践。弘中アナが延長に持ち込むほどメロメロにさせる。

©テレビ朝日