丸山桂里奈、婚姻届の証人・明石家さんまの“離婚率8割”のジンクスに絶叫『踊る!さんま御殿!!』

バラエティ
2021年06月15日

6月15日(火)の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系 後7・56~8・54)は、「日頃の不満が大爆発!?○○の妻SP」を放送。ゲストには、アンミカ、石出奈々子、和泉杏(ハルカラ)、押切もえ、川田裕美、高城亜樹、高見侑里、床嶋佳子、馬淵優佳、丸山桂里奈、山口もえ、ラミレス美保が登場し、夫たちの意外な一面や自らの“ダメ妻”エピソードを明かす。

オープニングでは、目の前に居並ぶ主婦勢に明石家さんまが「いつもと違う…、主婦の圧がある」とビクビク。「怖がりながらやらせてもらう」と早くも降参状態で収録に臨む。

初登場の浅井企画所属の女性芸人・石出は、タイタン所属の芸人・望月隆寛(ダニエルズ)と今年3月に結婚したばかり。それぞれの事務所の先輩である天野ひろゆき(キャイ~ン)と田中裕二(爆笑問題)が婚姻届の証人であることをさんまに報告すると、さんまは自身が婚姻届の証人となった夫婦の8割が離婚していることを告白。すると、昨年9月に元サッカー日本代表の本並健治と結婚した際に、さんまに証人になってもらった丸山が絶叫。「(離婚の確率)高くないですか?」と心配する丸山に、さんまは「20%の奇跡を信じよう!」と必死で言い聞かせる。

トークテーマ「結婚して知った夫の意外な一面」では、競泳東京五輪代表・瀬戸大也の妻・馬淵が話し始めようとすると、さんまがいきなり「ごめん」とトークを馬淵のトークをストップ。「馬淵のトークものすごくドキドキする。放送できる内容やな?」と確認。馬淵は「安心して聞いてください」と、「夫は意外に○○がない」というスポーツ選手とは思えない一面を明かす。

今年1月に出演した際、55歳で結婚したことを報告し「楽しい」と幸せオーラ全開だった床嶋は、結婚9か月にして早くも夫に不満爆発。倹約家の夫が、床嶋が仕事のために行っているルーティンに対していつも小言を言ってくることについて「いいかげん覚えてください! 私女優なんです!」と悲痛な声を上げる。

続くトークテーマ「自分でダメ妻だなあと思う瞬間」では、妻たちの驚きの告白が続々。川田は家事ができる夫のことを「使わない手はない」と、夫が見ていないところでは家事をしないことを告白。アンミカは、夫に似合わない服を夫に黙って“永久クリーニング”に出してしまうそう。それだけではなく、自分好みの服を着てもらうために壮大な作戦を決行したことを明かし、さんまは「ちょっとした犯罪。詐欺」と驚く。

そのほか、ラミレス元監督の本当の年齢が分からないと妻の美保さんが驚きの事実を告白。押切は夫の楽天・涌井秀章投手が長期で家を空ける際に号泣してしまうそう。元AKB48の高城は、プロサッカー選手の夫・高橋祐治の食事であることに困っているという悩みを明かす。

『踊る!さんま御殿!!』
日本テレビ系
2021年6月15日(火)後7・56~8・54

この記事の写真