榊原郁恵&サックス奏者・上野耕平と“初夏の北海道”を妄想旅『友近・礼二の妄想トレイン』

バラエティ
2021年07月18日

7月19日(月)の『友近・礼二の妄想トレイン』(BS日テレ 後9・00~9・54)は、旅好きの榊原郁恵と、鉄道好きサックス奏者・上野耕平を迎えて「初夏の富良野・美瑛ラベンダー畑の旅」を放送する。

今回の旅は、北海道・富良野で大自然と美食を味わい尽くす旅。番組初出演の榊原郁恵とプロのサックス奏者でありながら鉄道も愛する上野耕平、妄想夫婦芸で番組を盛り上げるMCの友近・礼二とで「理想の旅」を妄想で作り上げていく。列車の情報は番組アシスタントで女子鉄アナウンサーの久野知美がサポートする。

妄想旅は札幌駅からスタート。朝食用にすすきので行列のできる名物おにぎりを購入し、特急ライラックのグリーン車で滝川駅へ。そこから電車を乗り換え、車窓からの広大な景色を楽しみながら富良野駅を目指す。

富良野ではチーズ工房を見学。さらにそこから徒歩1分の「ふらのピッツァ工房」で、窯で焼かれたピッツァを堪能したのち、富良野の景色を直に感じることのできるトロッコ列車「富良野・美瑛ノロッコ号」に乗車。毎年100万人が訪れるという「ファーム富田」で見頃のピークを迎える、5ヘクタールもの広大なラベンダー畑に一同感嘆。その絶景に合わせ上野がサックスで「ダニー・ボーイ」を演奏し旅を彩る。

その後、「とみたメロンハウス」で富良野メロンをぜいたくに使用したメロンオムレットを買って北海道スイーツを楽しんだら、富良野線で美馬牛駅に。美しく神秘的な光景が広がる「白金の青い池」で癒やしのひと時を過ごす。旅の最後は農場の中に建つ、絵本の世界に迷い込んだかのような、メルヘンなコテージが魅力の「スプウン谷のザワザワ村」で自然と絶品料理を満喫する旅を妄想する。

初の妄想旅に参加した榊原は「こんな旅初めてだったので、正直最初は戸惑ったんですけど(笑)、ラベンダー畑は行きたい所ナンバーワンに入るくらい、本当に見に行きたい場所でしたし、おいしいものやゆったりと北海道の自然を楽しめる満足度ナンバーワンの妄想旅のコースになったと思います」と感想を語った。

過去、複数回番組に出演し妄想ファミリーの一員である上野は、今回の北海道旅について「今回も濃かったですね。北海道はまだ仕事でしか行けてないので、今回の妄想旅で行きたい気持ちが一層強くなりました」とコメント。さらに見どころを聞くと「やっぱり『富良野・美瑛ノロッコ号』ですかね。開放的な車両で、五感で感じる車両。今だからこそ開放的な旅の気分を味わいたいですよね」と語った。

『友近・礼二の妄想トレイン』
BS日テレ
2021年7月19日(月)後9・00~9・54

この記事の写真

©BS日テレ