錦鯉・長谷川の涙の帰省に密着「10年後にゴールデンでやるって誰が予想できた!?」『帰省なうあれから…』HTBで今夜放送

バラエティ
2021年07月21日

錦鯉・長谷川雅紀が地元・北海道に帰省する姿を追った『帰省なうあれから…』が、HTBで7月21日(水)後7時から放送される(北海道ローカル)。放送に先立ち、錦鯉のインタビューが到着した。

長谷川雅紀と渡辺隆の人気お笑いコンビ「錦鯉。昨年の『M-1グランプリ』で決勝に進出し、“M-1史上最高齢ファイナリスト”として話題を呼んだ。ボケ担当の長谷川は札幌出身、芸歴27年、49歳。過去を振り返ると売れないピン芸人としての生活が長く続いていた。

30歳で上京し、40歳のときに初めて帰省した。HTBはこの時の長谷川を2011年、「HTB深夜開拓魂『帰省なう』」で取材し放送した。

ようやくブレイクした長谷川はこの春、相方・渡辺を連れて帰省。母の存在や故郷について何を思うのか。『帰省なう』の放送から10年、涙の帰省に再び密着。北海道のゴールデン帯で奇跡の人生逆転劇を届ける。ナレーションは窪田等。

なお、2011年放送の『帰省なう』は、動画サイト「北海道onデマンド」で配信中。

錦鯉・長谷川雅紀、渡辺隆インタビュー

◆今回の『帰省なうあれから…』を振り返って

長谷川:前回10年前に来た時は本当にただただもう少し続けたいというのを取りあえず母親に言って、何の根拠もなかったんですけど。それがやっと芸人として食べられるようになり、アルバイトを辞める事ができて…報告しに行けたのが一番うれしかった。前回は僕1人だったんですけど、今回は相方を連れてあらためてあいさつに行けたのが良かった。

渡辺:10年前の『帰省なう』を見させていただいて、前回は雅紀さんのお母さん、一切笑顔がないというような感じだった、雅紀さんがギャグやっても全然笑わないし。でも今回の『帰省なうあれから…』はお母さんの笑顔がたくさん見られたので、そこは本当に僕も見ていてうれしかった。『帰省なうあれから…』の本当の主人公は雅紀さんのお母さんだと僕は思っています。お母さんも見どころの一つ!

◆前回(HTB深夜開拓魂『帰省なう』2011年放送)は放送時間が深夜でしたが、今回はよる7時放送です

渡辺:HTBが暴挙に出たと思っています。

長谷川:びっくりしたのはゴールデンタイム!!って! 深夜にやっていた『帰省なう』を見た人が、まさか10年後にゴールデンタイムでやるって誰が予想できた!?

渡辺:本当ですよ。10年前のあれを見て、売れるわけねーもんな、あの人本当に。

長谷川:まさかの10年後ゴールデン。うれしくてうれしくて! ポスターをいろんなところに貼ってもらったりとか、ステッカーを地下鉄に貼って宣伝していただいて、本当にみんなに見ていただかないとだめだなと思います。小学校の時によく行っていた本郷商店街にもいろんなお店にポスターが貼っていて、それを母親や兄弟が見てポスター貼ってあったよと聞く。

渡辺:これは本当に皆さんに見ていただかないと。本当にありがとうございます。

◆ゴールデンタイムを錦鯉が占拠します

渡辺:思いとしては大丈夫なのか(笑)。心配が大きいです。

長谷川:今月何回か北海道にお仕事で来させていただいたんですけど、テレビをつけたら『帰省なうあれから…』の番宣がばんばん流れてきて、ちょっとプレッシャーじゃないですけど「あ、自分だ」と思って。でもこれを道民の皆さんが見てくれているんだと思うと感慨深いですし…。

渡辺:本当にすごいですよ。作り話みたいな作り話じゃない話なので。

◆視聴率も期待していいですかね?

長谷川:……そうです! ちょっとためらいましたけど、これはいくでしょう! いってもらわなきゃ困るしね。

渡辺:皆さんのお力が必要となります

長谷川:ぜひ見てください! お願いします。

◆ナレーターが『情熱大陸』の窪田等さんです

長谷川:びっくりしましたよ。その話も聞いて。

渡辺:バラエティーではなくなっている。ドキュメントみたいな。

◆まるで情熱大陸でした。

渡辺:おじさん2人が情熱大陸!

長谷川:いや~~~楽しみですよ。

『帰省なうあれから…』
HTB
2021年7月21日(水)後7時~8時(北海道ローカル)

出演者:錦鯉(長谷川雅紀・渡辺隆)
ナビゲーター:オクラホマ(藤尾仁志・河野真也)、室岡里美(HTBアナウンサー)
ナレーター:窪田等(代表番組『情熱大陸』)

<制作スタッフ>
企画・プロデューサー:戸島龍太郎
チーフディレクター:平尾由佳子

番組ホームページ:https://www.htb.co.jp/kisei_2021/

この記事の写真