ソフトボール・後藤希友投手が宇津木麗華監督への恩返しで激投『炎の体育会TVSP』

バラエティ
2021年08月13日

8月14日(土)放送の『炎の体育会TVSP』(TBS系 後6・30~9・54)は、「日の丸メダリスト大集結!東京五輪後初の超本気プレーで恩返し!生放送3時間半スペシャル」と題し、先日閉会したばかりの東京五輪で大活躍したメダリストたちが集結し、お世話になった恩人への豪華な贈り物を懸けて、生放送で神パフォーマンスに挑戦する。

13年越しの五輪連覇で金メダルを獲得したソフトボール日本代表は、お世話になった宇津木麗華監督のために超難関チャレンジに挑む。

ソフトボールのニューヒロイン・後藤希友投手が宇津木監督への恩返しのために挑戦したのは、「ストライクビンゴ」。9枚の的を投球で射抜き、12球以内でダブルビンゴを完成させると宇津木監督に豪華グルメ券が贈呈されるという難関チャレンジだ。さらに、全ての的をパーフェクトでクリアすると、監督だけでなくチーム全員に高級グルメ券がプレゼントされる。

後藤投手は「宇津木監督にはずっとお世話になりっぱなしで感謝しきれないので、絶対にダブルビンゴを成功させます!」と真剣モード。チャレンジが始まると、球速100キロ以上の本気のスピードボールで次々と的を射抜いていく。果たして、「ダブルビンゴ」そして「パーフェクト」を達成できたのか。

そして、東京五輪決勝戦の「神ゲッツー」が話題になった渥美万奈選手、峰幸代選手、山崎早紀選手の3人が「100秒バッティング」に挑戦。トスバッティングで20枚の的を制限時間100秒で打ち抜き、3人で合計40枚以上の的を打ち抜ければクリア。宇津木監督にさらなる高級グルメ券が贈呈されるというチャレンジだ。選手たちは、オリンピックさながらの熱量で熱い闘志をむき出しにして難関に挑む。

さらにスタジオでは、今大会“ホームラン王”の二刀流・藤田倭選手が生放送で難関チャレンジに挑戦する。

『炎の体育会TVSP』
TBS系
2021年8月14日(土)後6・30~9・54

この記事の写真

©TBS