金・銀・銅メダリストが東京五輪後初の本気パフォーマンスでミラクル連発『炎の体育会TVSP』

バラエティ
2021年09月03日

9月4日(土)放送の『炎の体育会TVSP』(TBS系 後7・00~9・00)は、「東京五輪 金・銀・銅メダリストが神パフォーマンス豪華2時間SP」と題し、東京五輪の金・銀・銅メダリストが五輪後初の本気パフォーマンスに挑む。

バドミントン混合ダブルスで競技唯一の銅メダルに輝いた“わたがしペア”こと渡辺勇大選手と東野有紗選手は、大好物の超高級中華料理を懸けて『体育会TV』オリジナル競技に挑む。2人が挑戦するのは、ラリーするシャトルが1つから2つ、そして3つと増えていく「プレッシャーラリー」など3つの競技。五輪さながらで入念に作戦を立てて全集中で臨む2人の姿に、番組レギュラー陣は「こんなスゴ技初めて見た!」と跳び跳ねるほど大感激する。「2人もう付き合っちゃいなよ!」と誰もが思うほどの仲良しぶりにも注目だ。

そして、日本史上初の銀メダルを獲得したバスケットボール女子からは、林咲希選手、町田瑠唯選手、宮崎早織選手、宮澤夕貴選手が参戦する。挑戦するのは、日本プロバスケットボール界のレジェンド・五十嵐圭選手が考案した超難関チャレンジ「レジェンドアスリートからの挑戦状」。ベルトコンベアで運ばれてくる20の難関バスケットゴールリングにシュートを決めるというもの。回転したり、高低差があったり、3つのリングがつながっていたりと通常のバスケットゴールリングとはかけ離れたものだが、果たしてパーフェクトを達成できるのか。

さらに、メディアで話題となったスケートボード男子ストリートの金メダリスト・堀米雄斗選手と天才格闘家・那須川天心選手の同い年親友コンビにも迫る。実は2人が急接近したきっかけは番組の「サプライズ対面」企画だった。撮影後に連絡先を交換、1週間毎日一緒に過ごしていたという2人。堀米選手の渡米時に空港に見送りに訪れた那須川選手の様子まで、その一部始終を独占で送る。

『炎の体育会TVSP』
TBS系
2021年9月4日(土)後7・00~9・00

この記事の写真

©TBS