村上信五が手話で“スーパーアイドル”と自己紹介する場面も『NHKだめ自慢』9・25放送

バラエティ
2021年09月22日

村上信五と東野幸治が司会を務める『NHKだめ自慢〜みんながでるテレビ〜人気番組大集合SP!』が、9月25日(土)に放送決定した。

『NHKだめ自慢』は『NHKのど自慢』公認の兄弟番組で、ナレーションも『NHKのど自慢』司会の小田切千アナが担当。今回の放送では、人気番組大集合SPと題して『あさイチ』『手話ニュース』などNHKの多様な番組を代表して、出場者が“だめ自慢”を披露する。

まず『チコちゃんに叱られる!』から、チコちゃんが登場。そこに、いつもチコちゃんに“お化粧”を施すCGチームの中野から「チコちゃんが予定していない行動をするのでCGで対応するのが大変」というタレコミが伝えられた。

ゲストの藤本美貴が「無茶ぶりにこたえる中野さんの優しさがすてき」と発言すると、チコちゃんは「(中野さんより)もっと冷たいところがある人が好き」と、おしゃまぶりを見せる。

『あさイチ』からは、鈴木奈穂子キャスターが出場。真面目なイメージとは打って変わって、最近では放送中に「めんどくさい」発言を連発している鈴木アナ。実は、仕事以外の意外なところでダメな出来事が起きてしまったという。

「ついに最近、2歳の子供が“めんどくちゃい”と言い出した…」。鈴木アナの告白に、東野は「それはだめです!」と大笑いし、合格の鐘が鳴り響いた。

「手話ニュース」から出場した板鼻英二キャスターは、手話を第一言語とするろう者だ。常にニュースをわかりやすい手話で伝えることを追求する板鼻は、ニュースでガールズグループ「NiziU」について伝えた際、誰もがすぐにわかるようにと、踊ったことのない「縄跳びダンス」で表現することを決意。

持ち前のストイックさで特訓し、完璧な「縄跳びダンス」を披露したものの、張り切って練習しすぎて放送後に腰を痛めてしまったそう。そんな板鼻から「5G」、「オタ芸」、「スーパーアイドル」などの手話を教わる場面もあり、司会の村上は「これから僕も自己紹介のときは“スーパーアイドル”」と満面の笑みで手話を披露した。

さらに『ヤバイラジオ屋さん』から、ヤバイTシャツ屋さんが出場。攻めた楽曲で知られる人気ロックバンドだが、バンド名のイメージとは裏腹に、実は3人とも真面目でシャイ。有名な芸能人が番組ゲストに来たとき、メンバーそれぞれ緊張のあまり話せなくなった経験があるという。その驚くべき珍事件を紹介する。

また、番組ではみんなに笑って欲しい“だめ自慢”を持つ出場者を募集している。詳細は、番組公式HPを参照。

番組情報

『NHKだめ自慢~みんながでるテレビ~人気番組大集合SP!』
NHK総合
2021年9月25日(土)後9・50~10・20

番組公式HP:https://nhk.jp/damejiman

この番組の写真

©NHK