『爆笑!ターンテーブル』「創聖のアクエリオン」のAKINO、元キマグレン・クレイ勇輝が替え歌熱唱

バラエティ
2021年09月29日

10月5日(火)に『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』(TBS系 後8・57~10・57)が放送される。

この番組は、人気芸人やタレントたちがアーティストに成り切って自ら作詞、時には作曲し「笑える新曲」を披露するゴングSHOW。歌の半分の時点で、審査員全員が「もっと聴きたい」と判定すれば、そのまま完奏することができるが、1人でも聴きたいと判定した場合は強制終了となる。MCは桐山照史(ジャニーズ WEST)、吉村崇(平成ノブシコブシ)、中村アン。

ゴールデン第4弾となる今回も、番組おなじみの常連芸人はもちろん、強烈な豪華アーティストが続々登場。過去5回出場し、全て失敗に終わっているゆりやんレトリィバァは、渾身のオリジナル曲を引っ提げ念願の“完奏”を狙う。番組のエース・どぶろっくは、世の中にあふれるキリがないことを歌にした「キリがない!」を熱唱。

そして、菅田将暉を愛してやまないMASAKIが久しぶりに番組に登場。菅田に似ていると話題の人物に「虹」の替え歌でクレームを入れるはずが、まさかの反撃をくらい思わぬ展開に。ほかにも、怪奇!YesどんぐりRPGやコロコロチキチキペッパーズなど、常連アーティストが衝撃の新作歌ネタを披露する。

さらに、アーティストのAKINOが初登場。自身の大ヒット曲「創聖のアクエリオン」の替え歌で、デビュー当時の苦悩を告白する。そして元キマグレンのクレイ勇輝が「カントリーロード」の替え歌「借金ロード」を圧倒的歌唱力で歌い上げる。また、『爆笑!ターンテーブル』でしか見ることのできないアーティストのスペシャルコラボステージも必見だ。

さらに、通常のターンテーブルに加え、「一撃!ワンフレーズターンテーブル」と「待ち伏せターンテーブル」の2つの新企画が始動。「一撃!ワンフレーズターンテーブル」は、芸人が考えた替え歌をアーティストが歌い、最後のワンフレーズのみ芸人自身が歌って締めるという、アーティストと芸人のスペシャルコラボ企画。出演するたびにSNSで話題をさらってきたさくらまやが、丸山礼、岩橋良昌(プラス・マイナス)、ゆりやんレトリィバァ、Yes!アキトの4人が考えた「紅蓮華」の替え歌を熱唱する。

変幻自在のモノマネクイーン・荒牧陽子は、レイザーラモンRG、久保田かずのぶ(とろサーモン)、河本準一(次長課長)とコラボ。“あるある”をテーマに作った「熱くなれ」と「キューティーハニー」の替え歌を披露する。

「待ち伏せターンテーブル」は、別番組の収録を終えた芸能人を直撃し、その場でターンテーブルの審査員をやってもらうという企画だ。今回は10月19日(火)からスタートする火曜ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の出演者を直撃する。

『歌ネタゴングSHOW 爆笑!ターンテーブル』
TBS系
2021年10月5日(火)後8・57~10・57

この記事の写真

©TBS