『かまいたちの知らんけど』枠拡大初回はかまいたちの2人旅&サンドとキャンピングカーでおしゃべり

バラエティ
2021年10月07日

『かまいたちの知らんけど』(MBS/関西ローカル)が10月7日(木)の放送から放送時間が1時間に。枠拡大初回は、久しぶりのかまいたちの2人旅と、サンドウィッチマンをゲストに迎えてのおしゃべり企画を送る。

番組前半は「かまいたちの2人旅、フォロワーに展開を決めてもらった方がええVTRになる、知らんけど」と題し、かまいたちがいろいろなスポットでツィッターのアンケート機能を使いながら、ロケの進む先を視聴者に委ねていく。

実施したアンケートは全部で5つ。例えば、アメリカ村にある合法的に物を破壊できるスポットでは、かまいたちの2人がそれぞれアンケートの対象に。「どっちの破壊が見たい?」として、濱家隆一には「落合博満風スイングで破壊」もしくは「西村ひろゆかない風に論破しながら破壊」。山内健司には持ちネタの「チャンドンゴンゲン破壊」もしくは「ただただ無言で破壊」の2択で尋ねる。

濱家は「どういうことなん!?」と疑問を呈しつつも、山内は「この形やったんちゃう」と何かを発見した模様。他3つのアンケートにも注目だ。

番組後半では、「忙しい人気者でも、仕事と仕事の間でならおしゃべりできる、知らんけど」と題し、サンドウィッチマンをゲストに迎え、移動中のキャンピングカーの中でのおしゃべり企画を送る。

関西ローカルの番組への登場について、サンドウィッチマンの2人は「交換条件で仙台の番組に出てもらう」とジャブを打つ。かまいたちの印象について尋ねられた伊達みきおは「山内は常に先のボケを考えている感じ。濱家君はなんか不祥事起こしそう…」と語る。

そして、サンドウィッチマンは自らの過去についても語る。富澤たけしは「もともと吉本だった…」、伊達は「『M-1』取る前はバイトはやめられなかった。日払いの登録制のバイトをやっていた」とそれぞれ意外なエピソードを明かす。

またその道中、「魚釣りがしたい」というサンドウィッチマンの希望をかなえるべく、釣り堀へ向かう一行。しかし、許される時間はわずか20分。さらに、そこで釣れる魚は鯉か金魚。「サバとかイワシとかが釣りたかった…」と愚痴をもらす伊達だが、果たしてどんな結果が待ち受けるのか。

『かまいたちの知らんけど』
MBS(関西ローカル)
2021年10月7日(木)後11・56~深0・53

この記事の写真

©MBS