KOC王者・空気階段かたまり、さらば森田、銀シャリ鰻が“理想のタバコシーン”をドラマ化『チャンスの時間』

バラエティ
2021年10月10日
©AbemaTV,Inc.

千鳥がMCを務める『チャンスの時間』#153が、ABEMA SPECIALチャンネルで10月10日(日)後11時より放送される。

今回は、歌手・女優として活躍する鈴木愛理をスタジオゲストに迎え、タバコを愛する芸人たちが、理想のタバコシーンをショートムービー形式でドラマ化し、発表する企画「第2回カッコいいタバコシーンで競え!スモーキンシアター」を実施。

第1弾では、大悟が「(ドラマに)出たいし、5パターンくらい撮りたい」と絶賛し「めちゃくちゃ好きな企画」と期待を寄せる企画の第2弾が登場。さらば青春の光の森田哲矢、空気階段の水川かたまり、銀シャリの鰻和弘が自ら監督&主演を務め、それぞれ理想のシチュエーションをドラマ化する。

早速、トップバッターの森田の作品から“スモーキンシアター”が開幕するが、大悟が「森田はワシぐらい吸うよ」と語っていた森田の意外と爽やかなドラマ作品に、一同は早くも夢中。そして、水川のシリアスなタバコシーンには、一同が大困惑。さらに、鰻の作品では、あることが気になった千鳥がドラマに集中できないという事態に。

©AbemaTV,Inc.

番組後半では、いかに自分の立場を“棚に上げて”相手のために説教ができるかを競う新企画「どの面下げて説教王!」を開催。挑戦者には、とろサーモンの久保田かずのぶ、アルコ&ピースの酒井健太、みなみかわの3人が参戦する。

別室で待機する挑戦者たちの元へやってきた女性タレントとツイスターゲームを行い、お互いリラックスし、楽しい雰囲気になったところで、相手役の女性タレントに対して“心を打つ説教”を行う。

企画説明を受けた大悟は「生きてたらあることだからね。『さっきまであんなに楽しんでたのに…』みたいなとき」と企画の趣旨に納得しながらも、「ツイスターゲームは思う存分に楽しんでいただきたい」と胸を躍らせる。

そして、本来は説教をする立場ではない芸人たちが、女性タレントたちに本気で説教をする“説教チャレンジ”がスタートするが、予想外な展開に挑戦者たちが大苦戦する。楽しげなツイスターゲームと突如始まるシリアスな説教のギャップに注目だ。

番組情報

『チャンスの時間』#153
ABEMA SPECIAL
2021年10月10日(日)後11・00~

URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/91oqEsbc6f7zkF
番組公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC29qkYL1bp4aJDtGra8ZMuQ

この記事の写真