橋下徹が政治家時代を猛省!? 番組コラボヌードル開発秘話も 『水野真紀の魔法のレストラン』

バラエティ
2021年11月02日

11月3日(水・祝)放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS 後7・00~9・00/関西ローカル)に、元大阪市長で元マホレスメンバーでもある橋下徹がゲストで登場する。

今回は、番組20周年記念の2時間スペシャルとして、一流シェフやグルメライターなど“食のプロ”100人が選ぶ「関西ど定番グルメBEST30」を発表。

15年前、この番組にレギュラー出演していた橋下は当時を振り返り、「あの頃は本当に無理しまくっていてね。食レポが無茶苦茶難しくて、漫画の『美味しんぼ』を見て研究していた」と告白。番組レギュラーのロザン宇治原史規から「真面目!」と驚きの声が上がる中、「大体あれでパターンが分かって。相反する言葉を組み合わせると、それっぽくなるんだなと。『まったりとしていて、それでいてしつこくない』とか」と、勉強の成果を発表する橋下に、番組レギュラーとして、数々の名コメントを生んできた長野博は大笑い。ロザン菅広文から、「そういうのじゃないです! 食リポって」とツッコミが入った。

さらに、1年以上かけて日清食品と共同開発し、ついに近日発売される「番組コラボ・カップヌードル」開発秘話も紹介。一から開発に携わってきたミシュラン三つ星シェフ3人からの妥協を許さない要望に応えようとする現場の必死のやりとりを見た橋下は、「知事・市長に振り回されてる役所組織みたい。僕がよくこういうことやってたな…」とぽつり。菅に「やっと大変さが分かったでしょ?」と聞かれ、「分かった!」と大いに納得した様子の橋下だった。

『水野真紀の魔法のレストラン』
MBS(関西ローカル)
2021年11月3日(水・祝)後7・00~9・00

©︎MBS

この記事の写真