千鳥ノブ「絶対嫁に見せられない」さらば森田らが“男あるある”で怒とうのネタ合戦

バラエティ
2021年11月08日
©AbemaTV,Inc.

千鳥がMCを務める『チャンスの時間』#156が、11月7日にABEMA SPECIALチャンネルで放送された。

今回の放送では、菊地亜美がスタジオゲストに登場。恋愛や学校などをテーマにした“あるある”動画がSNSなどで人気を集めているのに対し、あえて“男性にしか刺さらない“男あるある”でバズるネタを発掘しようという企画「男だらけのあるある選手権」を実施する。

第2回となる今回は、さらば青春の光の森田哲矢、相席スタートの山添寛、プラス・マイナスの兼光タカシ、岩橋良昌、ルシファー吉岡、さらに大悟を加えた6人が参戦。判定は、「あるある」「わからん」の2枚の札を手にしたノブと菊地が担当することに。

©AbemaTV,Inc.

番組では、コンビニ、トイレで起こる“あるある”や、パチンコ、麻雀、スポーツ中に見かける“あるある”、さらにケンカや下ネタなど、男性に刺さりまくる、さまざまなジャンルの“あるある”が続出。

中でも、ホテルで起こりがちな“あるある”や、女性との“デートあるある”などを披露し、男性陣の共感を得た大悟。だが、戦いも終盤に差し掛かったところで、ふと我に返ったように「わしこれ(企画)にノってやってたら良くないよね」とボソリとこぼす。

そんなつぶやきに、ノブも「このオンエアは絶対嫁に見せられない」と反応。菊地は「数十年前のことを言ってるんですよね?」とフォローしつつも、「そんなに前のことでも色褪せないんですね」と。大悟は「ああいう映像って(脳に)絶対残してるから」と断言し、全て過去の話であると強調した。

そのほか、あまりのクオリティの高さに、千鳥が「どこにでも持っていける」「むちゃくちゃ上手い!」と太鼓判を押した兼光の“あるある”や、ノブが「むちゃくちゃオモロいやん!」と絶賛した岩橋の“サウナあるある”、さらに女性関係での“あるある”を披露した山添に、絶妙な角度の“あるある”で多くの共感を集めた森田など、怒とうのネタ合戦が繰り広げられた今回。

初代王者のルシファーをも圧倒し、第2回大会の優勝は森田に。森田は「ありがとうございます!」と喜びながらも、最後に「優勝したくはないんですけどね。呼ばれたくないんですよ、この番組」と吐露し、一同の笑いを誘った。

©AbemaTV,Inc.

番組後半では、コンビ愛が冷めきってしまう前に、コンビのボケ担当のボケに対し、相方よりも先に他の芸人がツッコみ続けることでジェラシーを煽り、再びコンビ愛を燃え上がらせようという企画「コンビの愛を取り戻せ!ツッコミで相方を嫉妬させよう!」を実施する。

3回目となる今回は、ダイアンとスピードワゴンの2組の愛を再燃させるべく、とろサーモンの村田秀亮が、第1回以来、2度目の“嫉妬させる役”で参加。ボケ担当のダイアン・ユースケ、スピードワゴン・小沢一敬と共に、それぞれの相方を嫉妬させるためニセロケ企画を敢行した。

まずは、「最近は昔ほどの熱を感じない」「全体的に緩んでる」と危機感を語ったユースケの相方、津田篤宏へのドッキリからスタートする。先手を打って鋭いツッコミを炸裂させる村田と、いつも異常にボケまくるユースケに違和感を抱きつつも、様子をうかがう津田。しかし、妬いているように見えた津田が、まさかの感情を抱いていて…。

いっぽう、スピードワゴン・井戸田潤は、小沢と村田の掛け合いに大爆笑。小沢が「器の大きさを見せつけた」と、評価した井戸田の反応とは。なお、本放送の模様は放送後7日間、無料で見逃し配信中だ。

番組情報

『チャンスの時間』#156
ABEMA SPECIAL
2021年11月7日(日)後11・00
※放送後7日間、無料で見逃し配信中

URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/91oqGgkkvNGoRH
番組公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC29qkYL1bp4aJDtGra8ZMuQ

©AbemaTV,Inc.

この記事の写真