長野博、食の知識がありすぎてロザン菅広文に負ける!?『水野真紀の魔法のレストラン』

バラエティ
2021年11月16日
(C)MBS

11月17日(水)放送の『水野真紀の魔法のレストラン』(MBS 後7・00〜8・00/関西ローカル)では、「コストコ」を特集。最新のバカ売れ商品を巡って、“味王”長野博が予想外の事態に見舞われる。

今回は織田信成、「神戸北野ホテル」総料理長の山口浩、“コストコマニア主婦”のコス子という、コストコファン3人が登場。「大容量なので、冒険できない」というコストコならではの世間の悩みを解決すべく、絶対失敗しないおいしいお得商品を伝授していく。

そこでコス子が「一見普通だが、常識破りなパン」として紹介したのが、「メニセーズプチパン」。ロケ収録日もまさかの欠品状態となっていたほどの大人気商品だ。その理由は、賞味期限の長さ。パッケージに窒素を入れることで、1か月常温保存できるという。

スタジオでは「さらにもう一つ、常識破りな特徴は何?」という問題が出され、なぜかこの日は、食に詳しい長野やクイズ王のロザン宇治原史規を抑え、ロザン菅広文がいち早く「完成形じゃない!」と答え、これが大正解。「どうして分かったの?」と、周囲が不思議がる展開に。

実はこのパンは、あえて焼きを約8割に留めて販売することで、家で最後の2割を仕上げ、焼き立ての味が楽しめるようになっているそうで、「色が白すぎるんじゃないかと思った」と、ひらめきの理由を明かした菅。

これを受け、長野が「今の答えは出なかった。クープ(パンを焼いた時に表面にできる切れ目)が入っているから、絶対火が入っていると思った」と悔しさをにじませると、宇治原が「長野君は知りすぎている」と敗因を分析した。

「8割だけとは分からなかった」と落ち込む長野に、「これ80%やなって感じやった!」と菅が得意気に追い打ちを掛け、現場に大きな笑いが起こる。

番組情報

『水野真紀の魔法のレストラン』
MBS(※関西ローカル)
2021年11月17日(水)後7・00〜8・00

©MBS