岡村隆史の交友関係に迫る『東野&吉田のほっとけない人』橋下徹と長尾和宏医師の激論も

バラエティ
2021年11月16日
左から)吉田敬、東野幸治、岡村隆史

東野幸治と吉田敬(ブラックマヨネーズ)がスペシャルなゲストを招いて赤裸々にトークする特別番組『東野&吉田のほっとけない人』(MBS/関西ローカル)が、11月17日(水)にゴールデンと深夜を合わせた2時間スペシャルで放送される。

今回は、ナインティナインの岡村隆史、橋下徹と長尾和宏医師がゲストとして登場。まずはキャリア31年目、全国区の人気者の岡村を東野と吉田が深掘りしていく。

「ゆくゆくは大阪に帰りたい」という岡村だが、「ナイナイさんは大阪でレギュラー番組を持つ前に売れたイメージ」と吉田が語る通り、大阪で売れる前に東京の人気番組で結果を残し、3年という短い間でスターになったナインティナイン。

岡村隆史

そのせいもあってか、上京当初は“東京芸人”からの圧力もあったというが、「唯一ココリコだけは優しかった」と話すと、東野が岡村を自宅に呼んでカレーを振舞ったエピソードを明かしつつ「自分が、岡村には一番優しいと思う」とツッコむ。

さらに「みんなから愛されているのは、さんまさんと岡村くらい」とベタ褒されるいっぽう「岩城滉一さんを怒らせてしまった」「さんまさんには怒られる」などネタが尽きない岡村。親友・相談相手など、気になる交友関係にも注目だ。

橋下徹

2組目として橋下と長尾医師が登場。長尾医師は尼崎の町医者で、年中無休で新型コロナ治療に当たっている。また、吉田がどうしてもゲストに呼びたいと思っていた人で、吉田が長尾医師に会いたいがために取った驚きの行動も明かされる。

そして、新型コロナの感染症としての位置づけに話が及ぶと、「2類相当ではなく5類へ変更し、医療ひっ迫を防ぐ」と主張する長尾医師に対して、橋下が「5類にした場合にはリスクもある」と2人の間で激論が交わされる。その行方は果たして…。

番組情報

『東野&吉田のほっとけない人』
MBS
2021年11月17日(水)後8・00~9・00、後11・56~深0・56

この記事の写真

©MBS