重岡大毅が父親に伝えたかった思いに迫る「なんとか泣かずにやり切った」『RIDE ON TIME』

バラエティ
2021年11月19日
ジャニーズWEST

11月19日(金)放送の『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』(フジテレビ・関東ローカル)は、ジャニーズWEST特集の最終話を送る。

今年3月、グループのセンターを務める重岡大毅は、2年ぶりとなる有観客の全国ツアーのリハーサルを行なっていた。重岡は自身のソロ曲として、定年退職を迎えた父親への感謝を込めた歌「サラリーマンの父さん」を作詞作曲し、ギターでの弾き語りに挑むことに。

そんな父親について「そもそもこっち(芸能)の仕事には興味なくて。ザ・仕事人間みたいな感じなんで。喧嘩なんかしないですね、怖くておとんには逆らえへん」と語った重岡。

そして「自分は28歳なんですけど、親孝行って簡単にやれそうで難しいなって。だからやりたかったんですよね」と胸の内を明かす。重岡は成長した自分を見せたいと、父親を大阪公演に招いていたのだ。

しかし、その公演は新型コロナウイルス感染拡大により、やむなく中止となってしまう。そんな中、重岡はツアーと並行し、連続ドラマの主演として初めての父親役にも挑戦。主演ドラマとコンサート、その両方で“父親”という存在に向き合っていた。

6月20日、ツアー最終日となる熊本公演に、重岡は父親を招待することができた。くしくもこの日は、父の日。重岡はステージの上で父宛ての手紙を取り出し、「長い長いサラリーマン生活、お疲れ様でした。家族の大黒柱として幸せを守ってくれてありがとう。僕はサラリーマンとして力強く走り抜いたおとんを、自慢に思っています」と読み上げる。

さらに父親への感謝の曲を、涙をこらえながら歌い上げた重岡。出番を終えた直後のステージ裏では、「なんとか泣かずにやり切った」とホッとした表情を浮かべる一幕も。

そして9月、彼らは早くも来年のコンサートに向けて打ち合わせを始めていた。神山智洋は「やっぱりライブやっているジャニーズWESTが一番好き。生きがいですね、ライブは」と語り、小瀧望も「僕らの原点やし、僕らが本来あるべき姿」と力を込める。重岡は「今、僕たち買い時ですよ! みなさん」「届けたいな。“WEST、いいね!”って言わせたい」と満面の笑顔を見せた。

それぞれが進化を続けるジャニーズWEST、彼ら7人がこの先に見据える未来とは。さらなる光を放ち始めた彼らの“今”を追う。

番組情報

『連続ドキュメンタリー RIDE ON TIME』
フジテレビ ※関東ローカル
2021年11月19日(金)深0・55~1・25

テーマ:「ジャニーズWEST~7色の輝き~」Episode4 未来
出演者:ジャニーズWEST(重岡大毅、桐山照史、中間淳太、神山智洋、藤井流星、濵田崇裕、小瀧望)
ナレーション:風間俊介

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/RIDEONTIME/

©フジテレビ