結成16年以上のベテラン漫才師が1vs1で雌雄を決する、新たなお笑い賞レースが開催!東野幸治司会『THE SECOND』

バラエティ
2022年12月22日
『THE SECOND ~漫才トーナメント~』(仮)
東野幸治

フジテレビで新たなお笑い賞レース『THE SECOND ~漫才トーナメント~』(仮)の開催が決定。完全生放送となる決勝トーナメントで司会を務める東野幸治からコメントが到着した。

エントリーは本日12月22日(木)より開始されているが、最大の特徴は参加資格が「エントリー時点で結成16年以上」であること。実力や才能はあっても、賞レースに出られないため、ブレイクのきっかけが見出せない漫才師たちに“セカンドチャンス”をつかんでほしいという願いが込められている。

大会は2023年2月より予選がスタートし、本選トーナメントラウンドに出場する32組を決定。トーナメントはまさに1対1の“タイマン”勝負で、ネタが面白い方が勝ち抜けていく。決勝トーナメントは8組のファイナリストが一堂に会して1DAYトーナメントバトルを行い、最後まで勝ち残った者が見事、優勝の栄冠を手にする。

参加資格以外にも、各出場者がネタを披露する時間は「6分以内」と、既存のお笑いコンテストよりも長尺のネタが認められていること、また「即席ユニット、アマチュアは出場不可」と定められている。募集要項や大会スケジュール詳細は、今後、公式HPにて随時発表していく予定だ。
東野、石川綾一チーフプロデューサー、総合演出・日置祐貴のコメントは下記に掲載。

東野幸治 コメント

◆今大会の開催を、最初にお聞きになったとき、どんなふうに思われましたか?

まず率直に思ったのは、“いやな大会が始まったな”と思う芸人がたくさんいるやろうなと(笑)。これまでずっと“『M-1(グランプリ)』優勝”を目標に頑張ってきて、でも残念ながら優勝できずに15年が過ぎてしまった、という漫才師は世の中にたくさんいるわけですけど、ほとんどの皆さんが自分なりに気持ちに整理をつけて、『M-1』を卒業されてると思うんですね。“これからはゆっくり自分たちのペースで漫才ができるな”とか、きっとそんなふうに考えてたと思うんですよ。そんな人たちにとって、こういう賞レースが新しく始まるっていうのは、きっといやなニュースなんやろなぁ、と(笑)。

◆東野さんとしては、どんな漫才師の方々に挑戦してほしい?

だから、決して“いやな大会”とは思わないでいただきたいんですよね。過去に『M-1』で思うような結果を残せなかった人とか、“こんなはずじゃなかった”と思って今もくすぶってるような人がいたら、この大会を“利用”してもらいたいんです。若い頃に一生懸命やっていたようなキラキラした漫才を、ぜひもう一度見せていただけたらうれしいですね。“俺たちずっとキラキラしてるわ!”って言われたら、それはもう謝るしかないんですけど(笑)。

◆結成16年以上の漫才師の方々へ、東野さんからエールをお贈りください。

実を言うと、僕は今までずっと、大掛かりなお笑いの賞レースには絶対に関わらないようにしようと決めてたんです。芸人の人生を左右するような場所には立ったらあかん、というのを座右の銘にしてたんで。でも今回、大会の主旨も含めてきちんと考えた上で、司会を務めさせていただくことになりました。ですから、これから出場を考えている漫才師の皆さんに一番言いたいのは、“とにかく邪魔はしないから安心してください”と。生放送当日も、皆さんのネタの邪魔にならないように、ただただ台本通り進行に徹するつもりなので。なんなら僕のことフジテレビのアナウンサーやと思ってもらって大丈夫です(笑)。もしスベる人がおっても僕は気付かないふりしますし、“今、スベってたんとちゃう?”とか、口が裂けても言いませんから(笑)。

◆では最後に、今大会を楽しみにしているお笑いファンの方々に向けて、メッセージをお願いします。

フジテレビにも演芸の番組はたくさんありますけど、今回は普通のネタ番組ではなく、いろんな人たちの、いろんな思いが詰まった熱い番組になると思います。とはいえ、見てくださる人にはとにかく楽しんでいただきたいなと。“誰が優勝するんだ?”とか、みんなでワイワイ言いながら見られるような、楽しい番組にしたいですね。

石川綾一(チーフプロデューサー)コメント

バラエティ制作の世界に入ったのは、大学を卒業した1998年、大阪。右も左も分からなかった私が山あり谷ありの制作人生を今日まで続けてこられたのは、そばに寄り添ってくださったあまたの芸人さんのおかげです。共に喜び、ときに怒られ、番組の打ち切りに悲しみに暮れたことも…、今となっては全てが楽しい思い出です。制作人生25年分の感謝を込めて、最高のステージを準備すべく、『THE SECOND ~漫才トーナメント~』に全力で取り組みます!

日置祐貴(総合演出)コメント

東野さんと同じく、私も他人の人生を左右することに真っ向から向き合うのは、極力したくないと思っていました。しかし今回このお話をいただいたときに感じたのは、人生を変えるのではなく、ベテラン漫才師さんの人生に新たな彩りを与えるお手伝いができたらいいなということです。技術と経験に裏打ちされた、いぶし銀の漫才師さんの輝きを、全力で全国の視聴者の皆さまにお届けしたいという所存です。

番組情報

『THE SECOND ~漫才トーナメント~』(仮)
フジテレビ系
決勝トーナメント:2023年5月生放送

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/the-second/