• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

滝沢カレンが“おとぼけコラボ大使”に就任!カオスなプレスリリース公開中

午後の紅茶とグリコポッキーのコラボレーション第3弾 午後の紅茶とグリコポッキーのコラボレーション第3弾の実施が決定し、滝沢カレンが“おとぼけコラボ大使”に起用された。

 今回のコラボのテーマは“おとぼけ”。午後の紅茶からはクリームを忘れた「いちごティー」、ポッキーからはいちごを忘れた「クリーミーバニラ」が登場。2つを一緒に食べ合わせることで「ショートケーキ」のような味になるという。このテーマから、滝沢が“おとぼけコラボ大使”に就任、さまざまなプロモーションが展開される。

 昨年のコラボキャンペーンでも好評だったARショートムービーもリリース。ハート型ができるように両社の商品パッケージを並べ合わせて、無料ARアプリ「aug!」で読み取ると、コラボキャンペーンオリジナルキャラクターである「おとぼけパティシエ」が登場。女子のおとぼけあるあるをメロディーに乗せた「おとぼけの唄」ムービーが再生される。ムービーには、パッケージ上に描かれている8タイプのキャラクターが登場し、そのバリエーションは計16篇。滝沢もキャラクターの1つ、テヘ・ペロンヌ役を務め、 自身のおとぼけエピソードを歌い上げている。

 また、滝沢が工場を訪れ、商品が製造される様子を独自の視点でレポートした様子を収めたレポートと、今回のコラボ商品を実際に食べて、ショートケーキ味がするかの食レポ実証実験のムービーをウェブ上で公開。製造過程の紹介や開発者へのインタビューでは、技術者や開発者を目の前に、お構いなしの発言を連発。食レポでも、コラボ商品を口にした率直な感想を語っている。

 さらに、大阪・道頓堀の「6代目道頓堀グリコサイン」では、コラボキャンペーンを告知するオリジナルの告知動画が2月21日より1週間限定で公開される。

 そして、滝沢自らが書いたプレスリリースをキャンペーンサイトで公開。今回のコラボキャンペーンや商品をアピールしているが、おなじみの滝沢ワールド全開。そのカオスぶりは必見だ。

キャンペーンサイト:http://pocky.gogotea.jp/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える