• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超新星ユナク、流ちょうな日本語を“封印”!?

増山超能力師事務所

 超新星のユナクが、2月23日(木)放送の連続ドラマ『増山超能力師事務所』(日本テレビ系)第8話にゲスト出演し、“あえて”片言な日本語での演技を披露する。

 ユナクが演じるのは、彼女を日本に残して韓国に帰ってしまう青年、ユン・ジフン。ユナクは超新星として主題歌「君じゃなきゃ」を歌っており、「毎週見ているドラマに出演できてうれしいです。久しぶりにロマンチックな演技をさせていただいて、現場では皆さんに優しくしていただいて楽しかったです」と撮影を振り返った。また、元彼女・篠崎玲奈役の山下リオについては、「人形みたいにかわいらしい方。いろいろ一緒に話しながらロマンチックな雰囲気を仲良くつくっていけたと思います」と印象を語った。

 主演の田中直樹(ココリコ)が演じる所長・増山圭太郎をはじめ、超能力を持ったメンバーたちが依頼人の悩みを解決するため探偵業に奔走する姿を描く同作。以前、「超能力があれば過去に行きたい」と話していたユナクだが、あらためて「過去に行って何をしたいか?」と問われると、「大学時代に名古屋の大学に留学をしていたのですが、国費留学生だったので勉強ばかりしていて、毎日図書館と家と大学の往復の生活でした。日本の文化やグルメを楽しむ時間がなかったので、そのころに戻ってもっと日本中を旅したいです」と夢を膨らませた。

 また、当時の留学経験からユナクは日本語が堪能なことで知られる。「逆に日本語を片言で演じるのが難しかったです。ピュアな学生時代、そして大人になりクールなユン・ジフンをお楽しみに。『冬のソナタ』の現代バージョンみたいです(笑)」と第8話の見どころをPR。自身が歌う主題歌とシンクロするシーンも注目だ。

『増山超能力師事務所』は、毎週木曜後11・59から読売テレビ・日本テレビ系にて放送中。

<第8話 見どころ>
 男関係が派手な玲奈(山下)が「友達が窓から投げ捨てた指輪を探してほしい」と頼みにやって来る。いっぽう、事務員・朋江(平田敦子)は夫・誠司(モロ師岡)からもらった結婚指輪を失くし、増山(田中)がその捜索に乗り出していた。2つの指輪をめぐる謎を事務所メンバーが超能力で解き明かす。そこには深い思いと意外な真実が隠されていた…! そして増山の妻・文乃の秘密とは!?

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える