• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

大竹しのぶ「幕が開くのが寂しい」舞台「フェードル」4・8開幕

舞台「フェードル」公開フォトコール 大竹しのぶ主演、栗山民也演出の舞台「フェードル」が4月8日(土)に渋谷・Bunkamuraシアターコクーンで開幕。初日を目前に控えた4月6日に囲み取材&公開フォトコールが行われ、大竹、平岳大、門脇麦、キムラ緑子、今井清隆が登壇した。

 本作は、フランスの劇作家ジャン・ラシーヌが古代ギリシャの三大詩人エウリピデスのギリシャ悲劇『ヒッポリュトス』から題材を得て創りあげた、17世紀フランス古典文学を代表する金字塔的な作品。主人公の王妃・フェードルを大竹しのぶが演じ、平岳大、門脇麦、谷田歩、斉藤まりえ、藤井咲有里、キムラ緑子、今井清隆と豪華キャストが競演する。

<登壇者コメント>

■大竹しのぶ

もう一度稽古場に戻りたいです!幕が開くのが寂しい。稽古が楽しかったからもっともっとしていたい。演じていて平さんが怖がっているのがわかります(笑)。
20歳くらいの時に平さんのお父様と共演していて、生前の最後の作品を観た時に「息子をよろしく」といわれていて、いつかご一緒したいと思っていた。
劇場の中に役者のエネルギーが駆け巡る。お客様の血が騒ぐようなエネルギーが放出され、「生きてるんだ」と感じてもらえたら。若者には思いっきり人を愛して欲しい。今の時代の若い人に、身を焦がすような、失恋しても傷ついても良いから愛そうぜ!みたいなことを感じてほしいです。

■門脇麦

初めての古典作品出演で台詞にリアリティがないため、分厚くしないと伝わらない。そこにたどり着けなくて、お芝居を始めて5年が経ちますが、今まで何をやってきたのだろうと思ってしまいました。やってもやっても台詞の意味に新しい発見があります。
大竹さんと一緒に出演するシーンがないので残念ですが、大竹さんのお芝居は見ているだけでも楽しいです。

■平岳大

やればやるほど、もっと大きな壁が出てくる作品で毎日汗だくです。
本当に大竹さんの気迫がすごくて怖いと感じる時があります。。
緻密な会話劇ではないが、独白の連続で役者としてはやりがいのある作品です。

■キムラ緑子

大竹さんとずっと同じシーンで楽しい。大竹さんからも「ライブでやろう」と言われて、それに応えられるよにがんばりたいです。
とにかく台詞量が多く勘弁してほしい(笑)でも、ただ話すだけでなく、なんとかなんとか想いを伝えられるようにしたい。今までに味わった事のないお芝居の作り方だった。終わった後に「あぁ、楽しかった」と思いっきりおもえるようにできればと思います。

■今井清隆

(役柄について)実生活での経験がないため、とても悩んだ。
ミュージカル出演が多く、人前で長台詞を話したことがないので毎日稽古場で大竹さんの演技をみて勉強していました。大竹さんも言うように私ももっと稽古していたい。

舞台「フェードル」
公演日程:4月8日(土)~30日(日)@Bunkamuraシアターコクーン
作:ジャン・ラシーヌ
演出:栗山民也
出演:大竹しのぶ、平岳大、門脇麦、谷田歩、斉藤まりえ、藤井咲有里、キムラ緑子、今井清隆

主催・製作:テレビ朝日/産経新聞社/パソナグループ/サンライズプロモーション東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える