• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『サイバー美少女テロメア』ドランク塚地イチオシの元美少女戦士・三輪ひとみが当時を語る

『サイバー美少女テロメア』 円谷プロの幻の作品をHDリマスターで甦らせる番組『EXまにあっくす』が、CSテレ朝チャンネルで放送中。

 ドランクドラゴンの塚地武雄とヘドロ怪獣ザザーンの“2人”がナビゲーターを務め、これまで「怪奇!巨大蜘蛛の館」(1978年)、「白い手美しい手呪いの手」(1979年)、「怨霊!あざ笑う人形危険な未亡人」(1980年)など、テレビ朝日『土曜ワイド劇場』にて放送された番組を発掘してきた。そして、土ワイ作品と併せて放送してきた特撮ドラマ『サイバー美少女テロメア』が、5月26日の放送で最終話を迎える。

 『サイバー美少女テロメア』に出演する美少女たちの中でも、塚地がずっと「一番好きです!」と番組内で公言していたのが、主演の1人・月島イツミ役の三輪ひとみ。『テロメア』出演後は、“ホラークイーン”として数々のホラー作品に出演するほか、ウルトラマンシリーズ、平成仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズなど、さまざまなジャンルで女優として活躍を続けている。

 今回、塚地イチオシの三輪がゲストとして登場。突然の登場に動揺を隠し切れない塚地だったが、当時でも斬新なデザインの露出度の高い衣装の苦労話、美少女たちの収録裏側のエピソードなど、ファンにとってはたまらない貴重なエピソードを聞き出す。

『EXまにあっくす』
5月26日(金)よる7:00~10:00
※放送日時は変更になる場合があります。

出演:塚地武雅、ザザーン(ヘドロ怪獣)
ゲスト:三輪ひとみ

内容:『呪いのマネキン人形』(1984年)、『サイバー美少女テロメア』#11(1998年)

番組公式ページ:http://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/drama/0487/

©円谷プロ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真