• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

速報1位のNGT48 荻野由佳らに小林幸子がエール「メガ幸子をあげちゃう」

NGT48 「AKB48 49thシングル選抜総選挙」速報発表で立候補メンバー24人中11人が100位以内にランクイン、荻野由佳が1位になるという快挙に沸いたNGT48が、一夜明けた6月1日、いつもと変わらず、地域密着活動として新潟県内で行われたイベントに参加した。

 新潟市南区では、同区のPR大使を務める加藤美南(チームNIII)と中村歩加(研究生)が、この日から5日間にわたって開催される「白根大凧合戦」の関連イベントに参加。白根名物である凧の一大お祭りを盛り上げるべく、南区白根本町通りで、地元小学生の鼓笛隊の先導で、篠田昭新潟市長や大凧合戦の参加者と共にパレードを行った。

 沿道に駆けつけた人たちからは、大凧合戦に向けた威勢の良い応援に交じり、速報で52位の中村に「おめでとう!」と祝福の声も。速報ではランクインしなかった加藤にも「かとみな、応援しているよ!」などの温かい声援が送られた。

 長岡市の山古志地域では、新潟県出身の歌手・小林幸子が中越地震以降続けている「山越地域『小林幸子田(でん)』田植え」に、速報で1位となった荻野由佳(チームNIII)と小熊倫実(チームNIII)、山田野絵(チームNIII)の3名が参加。4月に新潟市内で行われたNGT48のメジャーデビュー記念イベントに、小林がサプライズゲストとしてお祝いに駆けつけてくれたお礼として、今年で12回目のこのイベントへのNGT48の初参加が実現した。

 報道陣から「NGT48のママとして、本番でも1位を取ったらどうしますか?」と質問された小林は、「『メガ幸子』をあげちゃう」とNHK紅白歌合戦のステージで披露した巨大な衣装をプレゼントするという驚きの公約を。これにはメンバーも「本当ですか!」と大喜びで、新潟の大先輩の力強いエールを受け、荻野は「新潟のためにも貢献したいです」と、総選挙本番に向けて決意を新たにした。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える