• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「光」主演・永瀬正敏が登場 写真展「中森雅哉のその眼差し」トークイベント

122992_01_R 河瀨直美監督がオリジナル脚本で挑む、全ての人を照らす希望を描く映画「光」が、5月27日(土)より全国公開中。

 人生に迷いながら生きてきた女性が、視力を失いゆく天才カメラマンとの出会いを通して変化していく様子を描く、切なくも希望を感じさせてくれる本作は、5月17日(水)に開幕した第70回カンヌ国際映画祭「コンペティション部門」に正式出品され、公式上映後には10分以上のスタディングオベーションに包まれるなど大成功を収めた。さらに、カンヌ国際映画祭の独立部門であるエキュメニカル審査員賞を受賞するなど高評価を得ている。

 また、カンヌでの授賞式を終えたばかりの永瀬正敏が、現在、代官山蔦屋書店で行われている写真展「中森雅哉のその眼差し」の開催と映画「光」の公開を記念し、トークイベントを実施。展示されている写真は全て、映画「光」の主人公で弱視のカメラマン中森雅哉の部屋に飾られていたもので、永瀬自身が撮影し、選び抜いたものだ。

 カンヌでエキュメニカル賞審査員賞を受賞したことについて、永瀬は「アジア映画はなかなかいただけない賞らしくて。日本人女性監督作品としては史上初というすごい名誉で、びっくりしました」と感想を。続けて「実は、僕が最初に受賞の結果を聞いていまして。初日舞台挨拶の打ち合わせをスタッフの方としていて。その後ちょっとごはんを食べて、お茶でも飲んでのんびりしていたら、電話がかかってきて。『受賞した!』って。僕も立ち上がって『本当ですか!』って」と、当時の様子を振り返った。さらに「(授賞式が数時間後にあると聞いて)監督は別の場所にいたので、『早く帰ってきてください。僕一人で授賞式に参加しなくちゃいけないから』と言うと、監督は慌てて帰ってきてくれました」と裏話を明かした。

 永瀬にとっては3度目となるカンヌだが、テロなどの影響もあり厳戒態勢で、雰囲気がこれまでと違っていたという。そんな中でも上映後には多くの人から声を掛けられたという永瀬。印象的な出来事について「僕は恰幅のいい方にずっと手を握られたまま、ずっと感想を言われたんですけど、いつこの手を離せるんだろうって(笑)。『今回のコンペティションは負のテーマが多かったけど、「光」はその後の光が描かれている。今、世界がこんな情勢だからこそ、今、光が必要なんだ!』って唾が飛ぶくらいの距離で言われて(笑)。そういう人がすごく多くて、監督はすばらしい作品を作ったんだなってあらためて思いました」と語った。

 世界35か国での上映が決定した映画「光」。「カンヌ期間中だけで決まったので、びっくりしました。これとは別に各国のエアラインでの上映も決まっているそうなので、今後ももっと増えそうな勢いだそうです」と語った永瀬は、「僕の声がいろんな声で吹き替えられるのか、聞いてみたいです。現地で(吹き替え上映を)見てみたいですね」と、各国での上映を楽しみにしている様子。

 劇中で主人公・雅哉の部屋に飾られている写真は、俳優だけでなくカメラマンとしても活躍する永瀬が実際に撮影したもの。永瀬は「監督と美術部さんと話しながら、奈良で実際にやりました。1週間~10日間はそれにかかりきりで。実際自分で作りました」と語った。さらに「劇中に出てくる雅哉の写真集も90ページくらいあるんですけど、過去の作品も含め、実際自分で全部撮影したもので、180点くらい選びました」と明かした。

 また、写真展にも展示されている、永瀬が撮影した夕陽の写真についての裏話も。「夕陽のシーンを撮るのに僕は5日間かかったけど、監督は撮影でその日に撮れちゃうんです。映画に愛されていますよね。午後、雨が降ってほしいというと本当に降りますからね。(周囲は)どういうこと?って(笑)。自然の移り変わりも一緒に映画に収めたいという思いが、きっと通じるんでしょうね」と語った。

 握手や写真撮影など、来場者からのリクエストに応え、にじみ出る永瀬の人柄の良さを感じさせたトークイベントとなった。

映画「光」
新宿バルト9、梅⽥田ブルク7ほか⼤ヒット上映中

<ストーリー>
単調な日々を送っていた美佐子(水崎綾女)は、情景を言葉で説明する、視覚障碍者向けの映画の音声ガイドの仕事をきっかけに、弱視の天才カメラマン・雅哉(永瀬正敏)と出会う。美佐子は雅哉の無愛想な態度にいら立ちながらも、彼が撮影した夕陽の写真に心を突き動かされ、いつかこの場所に連れて行ってほしいと願うようになる。命よりも大事なカメラを前にしながら、次第に視力を奪われていく雅哉。彼と過ごすうちに、美佐子の中の何かが変わり始める。

<スタッフ&キャスト>
監督・脚本:河瀨直美
出演:永瀬正敏、水崎綾女、神野三鈴、小市慢太郎、早織、大塚千弘/大西信満、堀内正美、白川和子/藤竜也

公式サイト:http://hikari-movie.com/

©2017“RADIANCE”FILM PARTNERS/KINOSHITA,COMME DES CINEMAS,KUMIE

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える