• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

秦基博インタビュー「横浜スタジアムだけは“いつかここで”と思っていた場所」10周年記念ライブをWOWOW独占放送

125524_03_R 秦基博の10周年記念ライブ「HATA MOTOHIRO 10th Anniversary LIVE AT YOKOHAMA STUDIUM」の模様が、WOWOWにて6月25日(日)独占放送。これに先駆け、秦のインタビューが到着した。

 第1部はバンド編成「All Stars Pieces」、そして第2部はアコースティックスタイルの「GREEN MIND」と2部構成で行われた本ライブ。開催地・横浜スタジアムにちなんで、秦は横浜DeNAベイスターズとコラボしたベースボールシャツ姿や、アコギの弾き語りによるヒット曲を披露している。インタビューでも「横浜スタジアムだけはデビューして数年経った頃から“いつかここで”と思っていた場所」と言い、「この日限りの空気感みたいなものやライブ感は放送でもしっかりと感じてもらえると思うので、『5月4日はこういう日だったんだ』っていうのを番組を通して感じてもらいたいです」とメッセージを寄せている。

【秦基博のインタビュー】
◆10周年の記念ライブの会場に「横浜スタジアム」を選んだ理由は何ですか?

横浜は僕が育った街ですし、横浜スタジアムも子供の頃から何度も訪れている身近な場所でした。特定の会場で「いつかここでライブをしてみたい」ということはあまり考えない方なんですが、横浜スタジアムだけはデビューして数年経った頃から「いつかここで」と思っていた場所だったんです。なので、初めてのスタジアムでワンマンライブが出来たことももちろんうれしいんですが、それ以上に横浜スタジアムでライブが出来たことの方がうれしかったですね。願いが叶ったという意味でも。

◆第1部はバンドスタイル、第2部はアコースティックスタイルという2部構成。すごく中身の濃いライブでしたが、テーマやコンセプトを教えてください。

自分が10年間で作り上げてきたライブのスタイルを全部凝縮したものをこの横浜スタジアム公演でやりたいと思ったのが始まりでした。バンドのアンサンブルの中で聴いてもらいたい音楽もありますし、一方で「GREEN MIND」という弾き語りでアコースティックサウンドを追究することもやってきました。

◆「GREEN MIND」も2008年から始まったので、もうすっかりファンにはお馴染みのスタイルのライブになってますね。

はい。2008年の神奈川県民ホールから始まりました。やっていない年もありますけど、弾き語りは原点でもありますから、これからも続けていきたいと思ってます。なので、バンドスタイルとアコースティックスタイルの両方をじっくりと堪能してもらうためには2部構成がふさわしいんじゃないかと思ったんです。ライブの時間は長くなってしまいますが、自分としてはやっぱりどちらのスタイルも見てもらいたかったですから。セットリストは、演奏する曲をある程度決めたところで「この曲はバンドでやりたいな」とか「これは弾き語りでやるべきかな」とか考えて第1部と第2部に振り分けていきました。

◆ウグイス嬢の紹介アナウンスで、しかも野球のユニフォームを着て登場というのも横浜スタジアムらしい演出でしたね。

はい(笑)。紹介されて出てくるって、普段のライブではないことですから楽しかったです。ユニフォームを着るというのもその日だけの特別感がありましたし、いつもと違うライブが始まるんだなっていう気持ちになりました。お客さんもそういう雰囲気を感じてもらえたんじゃないかなって思います。

◆2部構成の10周年記念ライブを終えてしばらく経ちましたが、今振り返ってみて、どんなライブでしたか?

自分が10年間、音楽に向き合ってきた中で生まれてきた表現が、横浜スタジアムの中に、演奏した曲たちに込められたという想いはありますね。全てを出し切ったというか、やり切った感というか。もちろん、もっと上手くできたんじゃないかという部分もあったと思うんですが、あの日のあの風の中で、あの横浜の景色の中でやれることは全部やりました。お客さんを目の前にして、自分が準備してきた音楽が鳴って、お客さんがいて、また回帰していく。そんなことを実感しています。

◆6月25日にWOWOWで放送があります。どんなふうに楽しんでもらいたいですか?

すごい数のカメラがあって、空も飛んでました(笑)。僕の足元のループマシンのところにもカメラがあったので、客席からは見えないところも見られる可能性がありますね。横浜スタジアムのいろんなアングルからの視点がいろんなことを気づかせてくれて、新しい発見がたくさんあると思います。それに何より、この日限りの空気感みたいなものやライブ感は放送でもしっかりと感じてもらえると思うので、「5月4日はこういう日だったんだ」っていうのを番組を通して感じてもらいたいです。聴きにきてくれた人も、来られなかった人も、特別な雰囲気を楽しんでください。

【WOWOW番組情報】
「秦 基博 10th Anniversary LIVE AT 横浜スタジアム」
6月25日(日)後7・30 [WOWOWライブ]
収録日/場所:5月4日/神奈川 横浜スタジアム
番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/hata/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える