• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

相撲最強コンビはバッドボーイズ!芸人同士のガチンコ対決制す

『極楽とんぼ KAKERU TV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVで7月6日に放送された『極楽とんぼ KAKERU TV』3時間生放送スペシャルで、バッドボーイズが相撲最強コンビの座に輝いた。

 番組では「コンビ相撲最強トーナメント決定戦」を生放送。品川庄司、平成ノブシコブシ、アルコ&ピース、安田大サーカス(団長・クロちゃん)、スリムクラブ、バッドボーイズの6組のお笑いコンビと、シード権を持つ極楽とんぼの計7組が、モンゴル式のオリジナルルールでトーナメント形式で対決した。

 最初の戦いでは、アルコ&ピースが平成ノブシコブシをあっさりと倒し、続く2回戦は、スリムクラブと安田大サーカスの団長とクロちゃんが対決。“左脳室内出血で入院しているHIROにうれしいニュースを届けたい”と、団長は体格差のあるスリムクラブ・真栄田賢に挑み、4分26秒におよぶ熱戦を繰り広げるも、惜しくも敗戦。しかし、会場には拍手が巻き起こり、加藤浩次も「これが見たかったんだよー!スゲェ試合!」と感動した様子。勝った真栄田も「体格差がなかったら負けていました」と団長を称えた。

 アルコ&ピースとスリムクラブの準決勝は、ラグビー経験者の真栄田の活躍でスリムクラブが勝利し、決勝に進出した。

 決勝進出もう一組は、バッドボーイズ。バッドボーイズは、初戦で品川庄司と対決し、元不良の品川祐と佐田正樹の“よしもと最恐対決”に。加藤も「決着つけたかったでしょ?」とふっかけると、佐田は「今日が決着つける時だと思っています」と気合十分。品川も「佐田は、不良じゃなくてただのチンピラだ!」と一歩も引かない。

 結果は、柔道経験者の佐田が品川を倒し、準決勝に進出。続く準決勝、極楽とんぼとの対決では、「佐田とやってみたい!」と意気込む加藤。だが、佐田にきれいに技をかけられて敗北すると「引き倒しがあるなんてな!あそこで引くなんて考えられないもん!」と思わず感心。続く山本も佐田に負けてしまい、加藤は「今すぐ帰ってお風呂に入りたい」と恥ずかしそうに語った。

 決勝戦に進出したスリムクラブとバッドボーイズは、内間政成と清人が対決し、内間が勝利。続く真栄田と佐田の対決では、激しい熱戦の結果、佐田が勝利。次に勝ったほうが優勝となる場面で、真栄田と佐田が再び対決し、佐田が勝利。バッドボーイズが見事“初代コンビ相撲最強”の座に輝いた。佐田は「僕らなんの称号も持ってなかったんで、Wikipediaやよしもとのプロフィールに書いてもらおうと思います」と喜びを爆発させ、清人も「普通にうれしいです」と話した。

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える