• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

スパガ浅川梨奈は「底抜けに明るく見えて、実はすごくさみしがり屋」綾部真弥監督が人物像を分析

映画「人狼ゲーム マッドランド」初日舞台あいさつ 映画「人狼ゲーム マッドランド」の初日舞台あいさつが7月15日(土)、シネマート新宿にて行われ、主演の浅川梨奈ら9名のキャストと綾部真弥監督が登壇した。

 本作は、これまで桜庭ななみ、土屋太鳳などを輩出し〝若手女優の登竜門”として知られる「人狼ゲーム」シリーズの第6弾。恐怖のデスゲームに巻き込まれながらも、殺戮の連鎖から抜け出す方法を模索する高校生たちの姿を描く。

 この日、会場は立ち見が出るほど超満員。本作が長編映画初主演作となる浅川は「歴代いろんな方が主演を務めてこられた作品に主演させていただけることが本当にうれしく、初日にこれだけたくさんの方が来てくれてものすごくうれしいです」と喜び、「正直、初主演に不安もあったんですけど、来てくださる皆さんの顔を見るとすごくホッとしています。今はワクワクとドキドキでいっぱいです」とコメント。作品については「皆さんの期待をいい意味で裏切れたんじゃないかと思う」と自信を覗かせた。

 普段とは打って変わって、劇中ではクールな役どころを演じている浅川は、「監督にいろいろ相談させていただきました」と。役者自身のキャラクターに寄せて人物像を作ったという綾部監督は浅川について「底抜けに明るく見えて、実はすごくさみしがり屋で非常に繊細な部分もある。こういうところがうまく彼女の役に合うといいな、生身の浅川梨奈が役に出てくるといいなと期待して本人ともいろいろ相談しました」とキャラクター作りついての裏話を明かした。

 撮影時、男性キャストが自分1人だけのシーンがしばらく続いたと明かした栗原吾郎は「ものすごく寂しかったです(笑)。休憩のときもポツンと僕一人だけで…」と苦笑いを浮かべ、女性陣は「声かけたじゃ~ん!」と反論。栗原が「浅川さんからは『ハーレムだからうれしいでしょ?』って言われました」と具体例を挙げると、浅川は「待ってくれ!(笑)そういう意味じゃないですよ!?」と焦りつつ全力で訂正し、会場の笑いを誘った。

 最後に浅川は「今日ここにはいない佐奈宏紀くん含め、10人で本気で『生きたい』『死にたくない』と思いながら必死に作り上げた作品を、たくさんの方に見ていただきたいです。皆さんからの意見が本当に重要なので、『#人狼ゲーム』でネタバレしない程度に感想をつぶやいていただければエゴサさせていただきます(笑)。私もこの映画を愛していきたいですし、皆さんからも愛される作品になればうれしいです」と締めくくった。

「人狼ゲーム マッドランド」は、シネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開中。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える