• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

超人たちが神対応連発!『ジャスティス・リーグ』メンバーがコミコンに集結

『ジャスティス・リーグ アメリカ・サンディエゴで開催された世界最大級のポップカルチャーの祭典“コミコン”に『ジャスティス・リーグ』のメンバーが勢ぞろいした。

 会場には、ベン・アフレック(バットマン)、ガル・ガドット(ワンダーウーマン)、エズラ・ミラー(フラッシュ)、ジェイソン・モモア(アクアマン)、レイ・フィッシャー(サイボーグ)が登場。フラッシュ役のエズラ・ミラーは「鋼の錬金術師」のエドのコスチュームで登場し、『ジャスティス・リーグ』での役柄同様にオタクキャラ全開で会場を沸かせた。

 当日は、ガル・ガドットのインスタグラムにベン、エズラ、レイと共に飛行機に乗り込むところをセルフィでアップするところからスタート。プレゼンテーションでは、夜通し並んで待っていた大勢のファンたちの前に、ジェイソン・モモアがアクアマンのごとく槍を持って大海原の映像とともに登場し、会場を盛り上げた。

 プレゼンテーションの後には、ファンとサイン会で交流する時間も。頑張って並んでいたワンダーウーマンのコスプレをした少女がやっとガルに会えた際に、感動の涙を流してしまったところ、ガルは優しく彼女の手を握って言葉をかける神対応を見せた。また、レイ・フィッシャーは、会場から移動するバスを止めてまで、サイボーグのコスプレをした親子と写真を撮り、自身のツイッターにアップなど、それぞれが役どころに収まらないスーパーヒーローぶりを発揮した。

<登壇キャストコメント>
■ベン・アフレック(バットマン)
すごいよ。すごいキャストだろ?みんなが衣装合わせで初めて集まった瞬間から、ほんとにパーティしているみたいだったよ。痺れるくらいの感動だよ。

■ガル・ガドット(ワンダーウーマン)
この役はすごいの。あらゆる善を表しているの。愛や思いやりや真実、正義、平和ね。彼女を好きにならない理由なんてどこにもないの。正直言って、ワンダーウーマンを作り出し、この映画がこんなに成功したのはみんなのおかげだと思っているわ。このすばらしい役と演じる機会を与えてもらったことにとっても感謝しているとしか言えないわ。

■エズラ・ミラー(フラッシュ)
僕はコスタリカの小さな町にいて、おいしい魚料理を食べていたんだ。そうしたらエージェントから電話がかかってきたんだけど、パニクってて何を言ってるか分からなかったんだ。だから「ちょっと待ってて」と言って、口の中の魚の骨を抜いてからまた電話を取ると「君の大ファンなんだけど、すごいアイデアがあるんだ。ザ・フラッシュをやるってのではどうだ?」って。

■ジェイソン・モモア(アクアマン)
僕が演じるアクアマンは傷ついていて、とても繊細なキャラなんだ、だから何層にもなった鎧を着ている、でも中身は小さなテディベアのようなヤツなんだ。

■レイ・フィッシャー(サイボーグ)
僕が演じるサイボーグは、フラッシュと共にチームの中でも若いキャラクターなんだ。それぞれがいろんな事情を抱えながらも、世界を救うために結集したことが素晴らしいと思うよ。

『ジャスティス・リーグ』
11月23日(木・祝)公開

出演:ベン・アフレック、ガル・ガドット、ジェイソン・モモア、エズラ・ミラー、レイ・フィッシャー

配給:ワーナー・ブラザース映画

©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真

タグ