• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

今市隆二、山下健二郎らの“思い出のドラマ主題歌”は?『LOVE or NOT♪』第3回9・29配信開始

『LOVE or NOT♪』 映像配信サービス「dTV」とFODで配信中の音楽番組『LOVE or NOT♪』の第3回が9月29日(金)より配信される。

 この番組は、三代目J Soul Brothersの今市隆二とベッキーがMCを務める音楽番組。第3回も引き続き、ドラマ『Love or Not』から山下健二郎、本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナ、Leolaが登場し、音楽はもちろん、プライベートから自身の恋愛観を語る。

 ドラマ『Love or Not』メンバーとの対談のテーマは「思い出に残る好きなドラマ主題歌」。山下、本仮屋、今市が共感したのはドラマ『ロングバケーション』の主題歌「LA・LA・LA・LOVE SONG」。イントロでときめく曲と、同世代の3人が納得する。また、町田、八木、浅見もそれぞれの思い出の主題歌を挙げ、自身の思いを語る。

 2つ目の対談には、Leolaが登場。自身のほとんどの曲を作詞しているというLeolaとは、作詞について語り合う。

 ラブソングは妄想で膨らませて作詞するというLeolaに対し、今市は「実体験や自身の想いを歌詞に載せることが多い」と語り、ベッキーも「私も妄想では書けない、リアルを求める」と。

 その流れから「そろそろ実体験の失恋の曲を聴きたいな」というベッキーからの要望に、今市は「まだ実体験の失恋の曲を歌ったことはないが、書き溜めてはいる」と笑顔を見せるひと幕も。

 山下健二郎との対談では「けんちゃんのラブなもの」を紹介。山下は、最近一番好きなことは、“ポチすること”と語り、ネットで電化製品、カメラや生活用品などを買うことにはまっていることを明かす。また、今市も「ぶっちゃけポチりまくっている」「商品が届くのを待っているときが一番楽しい」と話すなど、意外と庶民的な一面をのぞかせるプライベートトークは必見だ。

<コメント>
◆世代的にも近いですし、本日の収録で話題になったお気に入りのドラマ主題歌の話など、盛り上がりましたね。音楽という軸がありつつ、ジェネレーショントークなども盛り上がりそうですね。

今市:そうですね。歳は近いですし、そこは同世代として素の部分もどんどん見せられたらと思いますね。

ベッキー:そうですね。同世代としてそういうトークもしたいし、直球で「どんな恋愛してきたんですか?」とか聞けないですけど、歌を通じて恋愛観を探るみたいなことは、ファンの皆さんの思いを背負って突っ込んでいきたいなと思いますね。

今市:怖いですね(笑)

◆作詞について話をされたりもしてましたね。ミュージシャンのゲストだからこそ、聞いてみたいこと、学びたいことなどはありますか?

今市:こんなに音楽について追及する番組もなかなかないと思うので、ここでしか聞けないことどんどん聞いていきたいですね。

ベッキー:せっかくなので、三代目J Soul Brothersさんのメンバーにもちらほら出ていただいて、素の今市さんの話とかを聞いてみたいなと思いますね。カッコいいし、完璧な感じがするから、ダメな今市さんや、毒を吐くロックな今市さんとかいろんな今市さんを見たいなと思います。

dTV×FOD MUSIC PROGRAM『LOVE or NOT♪』第3回
9月29日(金)0:00よりdTV、FODで配信

『LOVE or NOT♪』公式サイト:http://video.dmkt-sp.jp/ft/s0000684

Twitter:https://twitter.com/loveornot_music
Instagram:http://www.instagram.com/loveornot_music/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える