• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

中井貴一がテレ東ドラマ初主演!来年1・8放送の新春ドラマスぺシャル『娘の結婚』で波瑠、満島真之介らと共演

©テレビ東京

©テレビ東京

 2018年1月8日(月・祝)放送の新春ドラマスペシャル『娘の結婚』(テレビ東京系)で、中井貴一がテレ東系ドラマ初主演を務めることが分かった。

 小路幸也の同名小説をドラマ化した本作は、妻を亡くし、男手ひとつで娘を育てた中井演じる父・國枝孝彦が、娘の結婚に際して葛藤する姿を描くホームドラマ。

 本作でテレ東系のドラマ初主演を果たす中井は、「インパクトが大きいドラマが多い中、お正月にテレビ東京で普遍的なホームドラマをやるということに意義があると感じました」とオファーを受けた感想を。テレビ東京初主演に関しては「普段、テレビ東京の番組を見ることが多くて。実は、僕の友人がテレビ東京に勤めているのですが、昔『中井は一生テレビ東京には出ないよな』と言われていて。彼もいよいよ定年という時期に今回出演することができてよかったです」と笑った。

 そんな中井の娘役を演じるのは波瑠。「娘を持つ父の目線だけではなく、かつて父に送り出された娘や、娘を送り出す父をそばで見ている母など、いろいろな目線で楽しめる作品。お正月の暖かいお部屋でご家族で見ていただきたいと思います」と語った。

 実希の婚約者・真を演じる満島真之介は「この作品はこれからの時代への希望が詰まっていると思います。家族という普遍的なつながり、愛情の行方、人と人が出会い形成していく新たな関係性など挙げたらきりがないほどの要素が詰まったホームドラマです。新しい1年の始まりに、人生を振り返りながら見てほしいです」とコメントした。

 新春ドラマスペシャル『娘の結婚』は2018年1月8日(月・祝)夜8時からテレビ東京系で放送。

<あらすじ>
國枝孝彦(中井貴一)は娘の実希(波瑠)と2人暮らし。妻・佳実(奥貫薫)亡きあと男手ひとつで娘を育ててきた。そんな娘に変化が訪れる。「会ってほしい人がいるの」…紹介したい男性がいるという。しかしある理由で会う決心がつかない孝彦は、友人の柴山善郎(段田安則)に心情を吐露。相手はかつて住んでいたマンションの隣人、古市敏之(光石研)、景子(キムラ緑子)の息子で幼なじみの真(満島真之介)だった。だが一番の問題は景子がトラブルメーカーらしいこと。その事実を引っ越すまで知らなかった孝彦は、佳実と景子の間にも確執があったのではと不安になる。果たして娘にどう伝えるべきか?思い悩む中、孝彦は大学時代の恋人・片岡綾乃(原田美枝子)と偶然再会。話をするうちに綾乃と景子の意外な繋がりが発覚…。娘の門出のために、悩み、葛藤し、奔走する父がたどりついた真実とは…!?

原作:小路幸也
脚本:水橋文美江 監督:松本佳奈
出演:中井貴一/波瑠/満島真之介/光石研/奥貫薫/キムラ緑子/段田安則/原田美枝子ほか
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/musumenokekkon/
©テレビ東京

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真