• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

健太郎&山田裕貴「デメキン」舞台挨拶で互いに「愛してるよ」

映画「デメキン」 映画「デメキン」(公開中)の初日舞台挨拶が12月2日(土)、東京・シネマート新宿にて行われ、キャストの健太郎や山田裕貴のほか、原作のお笑い芸人・佐田正樹(バッドボーイズ)が特攻服姿を披露。健太郎と山田が愛の告白で会場を沸かせた。

 本作は、元福岡連合総長の佐田の自伝を映画化した青春アクション映画。主人公の正樹(健太郎)と親友の厚成(山田)の友情を軸に、福岡一のチームを目指しけんかに明け暮れる若者たちの日々を描く。

 本作が初主演となる健太郎は「プレッシャーがなかったといえばうそになりますが、それよりいかにキャストといかに仲良く楽しい雰囲気を作るかが大きかったです。でも佐田さんの半生なので、やらせていただくからには誰にも負けないぐらい気合いを入れて演じました」と撮影を述懐。

 また、健太郎は「できる限り赤くしました」と、この日のために劇中同様の赤髪にしたと明かし、山田は「プラモデルみたい」と凝視。思わず健太郎は「誰がプラモデル!」とツッコんでいた。

 原作の佐田は、パンチパーマ姿の記者を発見すると「こういう方たちばかりかと思ってたら、女性の方たちばかりでうれしい」と初日を迎えた喜びを語り、佐田が当時乗っていたバイクを再現したという撮影裏話が山口義高監督から飛び出すと、「まったくそのまんまにしてくれて。ロケットカウルの高さから、バンダナの色味、マフラーとか見えないところまで。当時僕が乗ってたバイクは…」とバイクトークが止まらない。MCから制止されてもなおしゃべり続ける佐田に、見かねた健太郎が「時間がないですよー!!」とピシャリ。ここでも健太郎のツッコミが冴えわたっていた。

 劇中で相棒を演じる健太郎と山田は、相思相愛ぶりを遺憾なく発揮。まずは山田が「健太郎のいい奥さんになれたらって気持ちで演じました」と役作りを振り返ると一同大爆笑。2人にお互いの思いをぶつけ合ってほしいというむちゃぶりが要求されると、健太郎は「この人、アキ(厚成の恋人=今田美桜)とばっか撮影してるんですよ!僕らは男ばっかで…」とボヤきつつも途中で言葉に詰まり、続けて山田が「でも俺はアキもいたけど、本当にみんなとやれてよかった。俺は愛してるよ」と愛の告白。「裕貴君のことも愛してるよ」(健太郎)、「俺と付き合っちゃら」(山田)、「……いいよ」(健太郎)と即興劇でカップルが成立し、まさかの展開に会場は黄色い声援で沸き立った。

 この日は、佐田の博多弁をキャスト全員で復唱する“怒号練習”を檀上で再現。「おめえ貴様、どこ中や?」「ぼてくり回してやろうかね」「お前らのこと愛しとうけんね」「俺と付き合っちゃら」と徐々にせりふが愛をささやくフレーズへと変わり、佐田は「言わしたの俺~!」とドヤ顔で、その調子で「ちょっと照れとったやないかー!」と健太郎をからかう。健太郎は「照れてねーし!」と反論しつつも「佐田さんが俺のこと見てきたから、そろそろ何かやられるだろうなと思った(笑)」と、焦りの胸中を明かし笑いを誘っていた。

 映画「デメキン」は公開中。

©クリエイティブ・エージェンシー/ワニブックス/秋田書店・ゆうはじめ
©2017 映画『デメキン』製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える