• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

小日向文世“欠点だらけの刑事”役でテレ朝ドラマ初主演「これだけ人間と交わるのが苦手な男は初めて」

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 小日向文世がテレビ朝日系『日曜ワイド』枠の新企画『欠点だらけの刑事』(2月4日(日)前10・00)で、同局ドラマ初主演を務める。

 小日向が演じるのは、自分の決めたルールを破ることができない不器用さと、その欠点から芽生えた独特の観察眼を持つ変わり者のすご腕刑事・百野冬美男。生活安全課出身の大ざっぱな刑事・万城目千鶴(森口瑤子)と組まされ、全く性格の合わない凸凹コンビが有名スイーツプロデューサーの周辺で起きた殺人事件の解明に乗り出す。

 原作のないオリジナル企画で、「自身の欠点を生かして事件の謎に挑む、そういう刑事がいてもよいのではないか」という着眼点から誕生。小日向が以前に別の現場で自身の飼っているエビやメダカについて共演者に熱く語っているのを見たプロデューサーが「クセのある主人公をかわいく、コミカルに演じてくださるに違いない」とオファーした。

 小日向は、「これまで2時間ドラマの刑事役はいろいろ演じてきましたが、これだけ人間と交わるのが苦手な男は初めて」と言い、「セリフが独特で、しかもセリフ量が多かったので大変でした。ちょうど舞台の仕事が終わった直後の撮影だったので、心身共に疲労のピークの中、よく乗り切ったなと思います」と苦労を吐露。

 自身の欠点については「とにかく行動範囲が狭いこと!」と答え、「家族サービスが、すべてウチの中なんです。女性から見たら、僕は面白味のない男だと思うなぁ。妻はよく飽きずに僕に付き合ってくれているなと思います。芝居をやっていなかったらもっと退屈な男だったでしょうね」と苦笑した。

 小学校時代のトラウマを抱える百野にちなみ、「心に深く刻まれる傷となった出来事」を聞かれると、「高校1年の夏、好きな女の子に告白したらフラれてしまい、ショックで学校を早退したんです」と失恋を告白。「帰る途中、後ろから小さな犬がついてきていて…。ものすごく心が通じ合っているような気がしました。父にダメと言われて飼うことはできなかったのですが、あの犬との出会いはなんだったんだろう…と今でも忘れられません」と回顧した。

 さらに、視聴者へ向けて「今までいろいろな役をやらせていただいてきた僕が、演じたことのない新たなキャラクターに出会いました。百野という男を気に入っていただけるとうれしいです」と呼びかけている。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える