• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

入江甚儀がルパンレンジャーの敵役に!キカイダーから氷を操る怪人へ転身

ルパパト

 入江甚儀がテレビ朝日系『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』((日)前9・30)で、怪人ザミーゴ・デルマの人間態を演じることが分かった。3月18日放送の第6話から登場する。

 ザミーゴ・デルマはあらゆるものを氷の中に閉じ込め、消失させることができる怪人。その能力で大切な人たちを奪われたルパンレンジャーにとっては憎き敵であり、物語のカギを握る役どころだ。これまでの放送でもその存在をチラつかせていたが、いよいよ本格的に姿を現す。

 入江は2014年公開の特撮映画「キカイダー REBOOT」で主人公のヒーローを演じており、今回のキャスティングには「一度ヒーローになったからには、他のヒーロー番組には出られないと勝手に思い込んでいました」とびっくりした様子。

 しかし「昔からダークな役どころが好きで、いつか演じてみたいと思っていた」と言い、「最後までルパンレンジャーの宿敵として、思う存分胸を張って彼らの前に君臨したいと思います」と気合十分に語った。

 演じる人間態は、変わった服を着てロックアイスを食べながら歩く奇妙な男。衣装合わせではその奇妙さを際立たせるため、指先と唇を青くしてはと自ら提案したといい、「僕の中でザミーゴ・デルマはヒーローです!」とすっかり役に惚れ込んでいるようだ。

©2018 テレビ朝日・東映AG・東映

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真