• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

渡辺いっけい、アニメ『おしりたんてい』で声優初挑戦「自然と目玉のおやじを意識」

『おしりたんてい』 Eテレで5月3日(木)~5日(土)に3日連続で放送されるアニメ『おしりたんてい』の試写会が4月12日(木)、東京・渋谷のNHK放送センターにて行われ、声優を務めた三瓶由布子、齋藤彩夏、渡辺いっけいが登壇した。

 本作は、絵本や児童書で人気の「おしりたんてい」をアニメ化。レディーに優しくスイートポテトが大好きな名探偵・おしりたんてい(三瓶)が、助手のブラウン(齋藤)と共に、どんな事件もププッと解決するストーリー。謎解きのほか、オープニングダンスや映像に隠されたおしりを見つける探し絵など、子供たちが一緒に楽しめる仕掛けも。不定期で全12話を放送予定。

 主人公・おしりたんていの声を担当した三瓶は、「おしりというフォルムなんですけど、紳士ということを常に心がけて演じさせていただいています」と。齋藤が「私には、おしりたんていさんがジェントルなところがだんだんセクシーに見えるんですよ」と語ると、「演じていて、色気を感じるって初めて言われたかもしれない(笑)。今後は色気も意識して演じていきたいと思います」と決意を新たにした。

 ワンコロ警察署の署長・マルチーズ署長の声とナレーションを務める渡辺は、今回が声優初挑戦。「その場に子供たちがいると思って、投げかける感じで行いました。マルチーズ署長は小さいので普通の声じゃダメだろうなと。『ゲゲゲの鬼太郎』に出てくる目玉のおやじのイメージがDNAとして(頭に)あるので意識しているのかもしれないですね」と工夫を明かしつつ、「ワントーンでできないので、かなりテイクを重ねたカットもあって。パフォーマーとしては、修行の場となっています(笑)」と苦労を語った。

 お気に入りのシーンを聞くと、三瓶は「毎回、『しつれい、こかせていただきます』をどう言うか、いろんなパターン、シチュエーションがあるので注目してほしいです」とおしりたんていの必殺技の場面をピックアップ。齋藤は「おしりたんていがトイレから顔を出すところがお気に入り。揺れやフォルムがすごい」と。渡辺は「僕も、おしりたんていの必殺技が好き。おしりたんていの顔はどういう構造になっているのだろうって考えてしまいました(笑)」と話し、会場を笑わせた。

アニメ『おしりたんてい』
NHK Eテレ
5月3日(木)、4日(金)、5日(土)
午前9時~9時20分

公式HP:http://www.oshiri-tantei.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える