• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

アントニーのコスプレにキンコン西野も爆笑

『エゴサーチTV』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で5月4日に放送された『エゴサーチTV』に、マテンロウのアントニーとデニスの植野行雄がゲスト出演した。

 この番組は、キングコングの西野亮廣がMCを務め、毎週迎えるゲストと一緒に、ゲストに関する“エゴサーチ”をしながらインターネットで出てきた情報や噂などについて、嘘か本当かジャッジし、訂正していくトークバラエティ。

 5月4日は、同期でハーフ芸人のマテンロウのアントニーとデニスの植野行雄が登場。2人についてエゴサーチしていくと、ハーフ芸能人たちが集った“ハーフ会”の記事がヒット。タレントのベッキーをはじめ、ローラやウエンツ瑛士といった豪華メンバーが集まった仮装パーティーで、元プロレスラーのアジャ・コングのコスプレをしていたアントニーは、自身のコスプレ写真を見ながら「このクオリティで、1回もテレビに呼ばれないのが納得いかない」と不満をもらした。

 「ここには行雄ちゃん行ってないの?」と西野が聞くと、植野は「行ってないです。ハーフ会っていうのはもともと、アントニーと僕とJOY君とメンディーの4人でやっていた。そしたら本当の“黒船”が到来して、ベッキーさんとかローラちゃんとかが『こっちにおいでよ』って…」と。アントニーも「僕とJOY君で行こうかってなったけど、行雄ちゃんは『いや、なんか違うな。向こうが俺を呼んでるの?』って。(向こうは)華やかで信じられないくらい居心地が良かった」と、ハーフ会の結成秘話を語った。

 また、現在ハーフ会は行われていないそうで、その理由にアントニーは「いろいろあって空中分解した。10人以上いたんですけど、なかなか皆さん我が強いというか。ハーフ会で分かりました、この地球上から戦争がなくならない理由が分かった」と話した。

 芸歴9年目を迎え、自己紹介ギャグをやり尽くしたと話す植野は「安定した下り坂すぎて気付かなかった」と語り、アントニーも「一発屋の人がよく『150本仕事あったのに0だ』とか言うじゃないですか。そうじゃなくて、60本くらいから、59、58…で気づいたら4本くらいになっていた」と、危機感を感じていることを明かした。

 また、アントニーはハーフ芸人7組を集めたライブについて「まぁ7組ネタが被る被る…」と笑いながら話し、植野も「“ケバブ”が15回くらい出てきた」と明かした。西野が驚いた様子を見せると、アントニーは「知らないんですか?“ケバブ”って言うだけでウケる魔法の言葉ですよ」と語り、スタジオに笑いが起こった。

“芸人”として「どこを目指せばいいか分からない」と悩んでいる2人に対し、西野は「俺だったら、ちゃんとお笑い以外で食っていける状況を作ってしまう。テレビや吉本興業に対して交渉できるものを持っておかないと、若手に対して良いものが回ってこない」と語り、「それこそ戦い方の話になるけど、勝ってる人って勝ち戦しかしてないからね」と答えた。

 さらに西野が“成功法”の数々を話すと2人は真剣に耳を傾け、植野は「マジで心にしみてます」、アントニーも「収録が朝で良かった、夜だったら耐えられなかった」と語った。

AbemaTV『エゴサーチTV』
放送日時:毎週金曜 後10時~11時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/91jPySe5namzsR

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える