• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『Mステ』にミタゾノ現る?ドラマ主題歌「戯言」歌う島茂子を見守る姿に注目

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 TOKIOのリーダー・城島茂にそっくりな新人女性歌手・島茂子が、5月11日(金)放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』(後8・00)に初出演する。同局系『家政夫のミタゾノ』((金)後11・15ほか)の主題歌「戯言」をテレビ初披露する島をのぞきに、主演のTOKIO・松岡昌宏演じる女装家政夫・三田園薫も駆けつける…かもしれない!?

 島は、三田園との“ちょっとしたご縁”でドラマのために「戯言」を制作。同曲のDVDシングルで5月16日(水)にデビューする。そんな島の記念すべき『Mステ』初出演=“晴れ舞台”に、三田園がいてもたってもいられなくなったという。

 いつも予測不能な行動で周囲を煙に巻く三田園らしく、“いつ”“どこに”“どんな風に”現れるのかはシークレット。生放送中のどこかにまぎれて、島の一挙手一投足をそっと見守るようだ。直前に放送される『ミニステ』(後7・54 ※一部地域のみ)にも「出ないとは言い切れない」とのこと。サプライズ感たっぷりな登場で盛り上げてくれそうだ。

 なお、島もゲスト出演するこの日の『家政夫のミタゾノ』第4話は、三田園と相棒の五味麻琴(剛力彩芽)が美容界のカリスマの家族葬を極秘裏に仕切るうち、莫大な遺産をめぐる一族の裏の顔を突き止めるストーリー。三田園の唯一の弱点である“幽霊”との攻防戦にも発展。依頼主の家でおびえ、悲鳴を上げ、おかしな“祈りの舞”を捧げる三田園の姿が笑いを誘う。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える