• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

上川隆也主演『遺留捜査』第5シリーズへ!新メンバー・梶原善が加入

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 上川隆也が主演を務めるテレビ朝日系連続ドラマ『遺留捜査』の第5シリーズ((木)後8・00)が、7月から放送されることが分かった。

 上川演じる刑事・糸村聡が“遺留品”を手がかりに、声なき遺体が訴えたかったメッセージに耳を傾けながら難事件を解決する物語。超マイペースで空気を読まないが、遺族の心情を救う優しさを持ち合わせた糸村の風変わりなキャラクターは、上川のハマリ役だ。

 第1シリーズは2011年に水曜21時枠でスタート。2012年に木曜21時枠で第2シリーズ、2013年には再び水曜21時枠へ戻って第3シリーズ、その後4本のスペシャルドラマが放送され、平均視聴率がいずれも2桁台を記録。昨年の第4シリーズは木曜20時枠で平均視聴率11・0%、最高視聴率13・1%をマークした。

 第5シリーズは前作に引き続き、特殊な事情のある案件に優先的に投入される京都府警特別捜査対策室、通称「特対」が舞台。メンバーは上川のほか、栗山千明、戸田恵子、永井大らが続投。新たに、上川とは約10年ぶりの共演となる梶原善が猪突猛進タイプでプライドの高い刑事・岩田信之役で加入する。

 約7年にわたり糸村を演じ続ける上川は「『遺留捜査』という少し変わった刑事ドラマが、これまで続いてきた事が、既に希有な事だと思います。それが更に一つシーズンを重ねる事が出来る。やはり、有り難い以外の何物でも無いと思います」としみじみ。

 さらに、視聴者へ向けて「これまでと変わる事のない『遺留捜査』と、ほんのちょっと変わった『遺留捜査』。この物語はシーズンの毎に、こんな不思議な幕の開け方をしてきました。今回も、『変わらないけれど変わった遺留捜査』が5回目のシーズンを迎えますが、皆様はどうぞ変わらず、お楽しみ下さい」と呼びかけている。

<上川隆也 コメント>
 この『遺留捜査』が1年ぶりに復活するとお聞きしたとき、純粋に有り難い事だと思いました。『遺留捜査』という少し変わった刑事ドラマが、これまで続いてきた事が、既に希有な事だと思います。それが更に一つシーズンを重ねる事が出来る。やはり、有り難い以外の何物でも無いと思います。
 2011年から7年にわたって糸村を演じてきましたが、僕にとって糸村は“極く遠縁の親戚”のよう。全くの他人でもなく、かといって近しくもない、不思議な距離感の存在です。
“特別捜査対策室”のメンバーとは昨年御一緒した時間が、きっと良い形で作用する事でしょうし、今年はより楽しい特別捜査対策室をお届けしたいと思います。様々な遺留品を巡って、どんな物語が展開されるのか。これまでと変わりなく、今シーズンも楽しみたいと思います。第1話のみどころは、新しい特別捜査対策室のチームワークと、村木さん(甲本雅裕)の○○でしょうか(笑)。
 新メンバーとして梶原善さんが加入されますが、彼とは年齢も同じで、これまでも幾度となく共演を重ねて来ました。僕が期待するまでもなく、新たな空気を現場にもたらしてくれる筈です。
 これまでと変わる事のない『遺留捜査』と、ほんのちょっと変わった『遺留捜査』。この物語はシーズンの毎に、こんな不思議な幕の開け方をしてきました。今回も、“変わらないけれど変わった遺留捜査”が5回目のシーズンを迎えますが、皆様はどうぞ変わらず、お楽しみ下さい。

<梶原善 コメント>
 この『遺留捜査』は大人気シリーズで個性あふれるメンバーが揃う上、京都での撮影とあって、楽しみで仕方ないですね。僕は、寒い冬の京都より、夏の京都が大好き。空いてる時間は、町をプラプラするのが楽しみです。
 僕が演じる岩田は、一言でいうと“あつかましい男”。彼のあつかましさを前面に押し出して演じていきたいと思っています。
 上川さんとは約10年ぶりの共演ですが、その10年間の空白を少しずつ埋めていきたいと思います。新参者ですが、素早くチームに溶けこめるようがんばります。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真