• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ディーン・フジオカ「本当に素敵な役に出会えた」『モンテ・クリスト伯』クランクアップ

『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』 6月14日(木)に最終回を迎える木曜劇場『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)の出演者が続々とクランクアップを迎えた。

 暖(ディーン・フジオカ)の元婚約者、南条(旧姓・目黒)すみれを演じた山本美月。最終回はクライマックス、怒とうのシーンだらけで、山本が取り乱して大絶叫シーンでクランクアップ。山本は「まだ終わった気がしなくて、明日からも来てしまうような感じです。母親役など初めての経験をさせていただいて…すみれの心もすごく揺れ動くので(役作りに)悩まされたんですけど、無事にクランクアップすることができました」とあいさつした。

 神楽清役の新井浩文は「久しぶりに西谷(弘)監督とご一緒させていただけて、とっても楽しかったです。いつかまた会えるように頑張りたいです。皆さん、お疲れ様でした!」と語った。

 南条幸男役の大倉忠義は「すごい終わり方でしたけど、良い役をいただいて本当にありがとうございました。3か月間、お世話になりました。皆さんありがとうございました!」と。

 保身のために暖を陥れ、保身のために家族が崩壊した入間公平役、高橋克典は「お疲れ様でした。周りを見回しながら、回を追うごとに役作りを探っていく作業が非常に楽しかったです。視聴者の皆さんが○○してくれると思います。では、また!」と爽やかにあいさつ。“○○”に入る高橋のコメントは最終回をチェック。

 そして、本当の収録最後のシーンでクランクアップを迎えたのは主人公・真海=暖を演じたディーン・フジオカ。全てを撮り終えて、スタッフから花束を受け取ったディーンは「ありがとうございました。本当に皆さんお疲れ様でした。楽しかったです。最初に“柴門暖からモンテ・クリスト・真海にキャラクターが生まれ変わる”と聞いた時に、大丈夫かな? と、不安な気持ちもありました。15年間の空白を経て戻ってきた時に周りがどれだけ覚えていないものだろうか?とか。でも、役作りの過程で、僕自身も振り返ると日本に住んでいなかった期間があるので、(暖の)15年間の重みみたいなものを実感できて、真海というキャラクターの血となり肉となり、とすることができました。真海とシンクロして行く日々が有意義で…ストーリーで展開するイベントも盛りだくさんで、皆さんすごく大変だったと思います。本当に素敵な役に出会えたことを心から感謝しております」と語り、ガッツポーズを見せた。

<第9話(最終話)あらすじ>
南条幸男(大倉忠義)、神楽清(新井浩文)、入間公平(高橋克典)へのモンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の復讐は、彼らの家族たちも巻き込みながら結末を迎えようとしていた。
真海が守尾信一朗(高杉真宙)に渡した薬を飲んだ未蘭(岸井ゆきの)は未だに昏睡したままで面会謝絶。信一朗は入間からも促され、真海の別荘を訪ねる。詰め寄る信一朗に、真海はもうすぐ死んで償うと詫びた。
未蘭を排除した瑛理奈(山口紗耶加)は、いよいよ貞吉(伊武雅刀)を殺害しようとする。だが、そこに入間が帰ってきてしまう。すると貞吉は眼で話があると入間に合図。入間と2人きりになった貞吉は、真海が残していったボードを使って会話を始める。
倉庫に閉じ込められた神楽は、国有地売却の件で議員と自分に闇献金疑惑がかけられ東京地検特捜部が捜査に動いたことを知る。そこに天野満(栁俊太郎)が手下を連れて現れた。天野は神楽に拷問を始めるが、それはかつて柴門暖が受けたような過酷なものだった。
幸男とすみれ(山本美月)は真海に会いに行こうとしていた。だが、その途中、愛梨(桜井ユキ)から明日花(鎌田英怜奈)と一緒にいると連絡が入る。自分に恨みを持つ愛梨と娘が一緒だと知った幸男は、すみれを帰して独りで真海に会いに行くことに。
 その頃、真海は入間と会っていた。真海は入間に留美(稲森いずみ)と安堂完治(葉山奨之)と一緒に逃げていると教える。

木曜劇場『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』
最終回2時間スペシャル
フジテレビ系
6月14日(木)午後9時~10時48分

公式HP:http://www.fujitv.co.jp/MONTE-CRISTO/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える