• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

NGT48・加藤美南「歴史の1ページ目をお見せします!」新チームNIII「誇りの丘」公演開幕

NGT48チームNIII「誇りの丘」公演 4月13日に新潟・朱鷺メッセで開催されたNGT48単独コンサート「単独コンサート~朱鷺は来た!新潟から全国へ!~」で発表された組閣および研究生昇格に伴うNGT48の新体制がスタート。6月30日に新チームNIIIが「誇りの丘」公演の初日を迎えた。

 新しく生まれ変わったチームNIII。研究生から清司麗菜、髙橋真生、西村菜那子、宮島亜弥の4名が正規メンバーとして昇格した。1曲目冒頭、新キャプテンとなった加藤美南が「今日は皆さんに歴史の1ページ目をお見せします!」と呼びかけ、新チームの初日が幕を開けた。

 公演内容は、前NIIIから「誇りの丘」公演が引き継がれたが、ユニット楽曲ではメンバーをシャッフル。新しいユニットの組み合わせが明らかになるたびに、会場が大きな歓声に包まれた。

 中でも、女の子らしい衣装や振り付けでも人気の「ラスベガスで結婚しよう」のメンバーに山田野絵が入ったことに、観客だけでなくメンバーも「一番意外!」とびっくり。これに対して山田は「私もアイドルなんだからやってもいいだろー!」と叫んで応酬した。

 初日ということで、兼任の柏木由紀も久しぶりの公演出演。柏木は「誇りの丘」公演に2ケタ出演を目標に掲げていたが、この日の公演でまだ3回目。メンバーにツッコまれながらも、「公演は続くのでこれからも2ケタ出演を目標に…」と控えめに宣言した。

 また、第3回グループドラフト会議で指名を受けたドラフト研究生の5人の中からは、安藤千伽奈(4位指名)が初日公演出演をつかみ取り、フルステージデビューを果たした。公演の全ての演目が終わると、安堵したのか一気に瞳から涙があふれ、佐藤杏樹が頭をなでて頑張りを讃えた。

 ユニットシャッフルの他にも、アンコール後に「友達でいましょう」が追加されるなど、新しく生まれ変わった「誇りの丘」公演でチームNIIIが新たな一歩を踏み出した。

<コメント>

■加藤美南(新チームNIIIキャプテン)

皆さんのおかげで初日を迎えることができました。NIIIはもともとあったチームですが、研究生も昇格したので、お互いこれまであった変な遠慮はなくして、より一体感のある新しいチームにしていきたいと思います。
「誇りの丘」公演も引き継いでいきますが、新鮮味を与えられるような公演にしていけるよう、いろいろなからくりを考えていきますので期待していてください。毎回の公演を初日だと思って頑張っていきます。

■安藤千伽奈(ドラフト研究生/新チームNIII所属)

ドラフト指名は4巡目でしたが、それがうれして、でも少し悔しくてという感じでした。なので、劇場公演デビューは同期の中で一番にしたいって気持ちでレッスンを頑張ってきたので本当にうれしいです。初心を忘れずにこれからも頑張っていきたいと思いますので、皆さん、よろしくお願いします。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える