• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

スポーツ界の“伝説”に隠された新事実とは!?『伝説が生まれた瞬間』7・25放送

『世界74億人が仰天した映像大放出!伝説が生まれた瞬間 その時とんでもないことが起きていた!!』『世界74億人が仰天した映像大放出!伝説が生まれた瞬間 その時とんでもないことが起きていた!!』(テレビ東京系)が7月25日(水)後6時55分から放送される。

 この番組は、MCにさまぁ~ずを迎え、ゲストたちがスポーツ界で起こった“伝説の瞬間”をプレゼンスタイルで紹介。プレゼンターの荻原次晴、川島明(麒麟)、出川哲朗、畠山愛理、ビビる大木、平野早矢香、古舘伊知郎が、歴史的名場面に隠された新事実を紹介する。

 古舘は、スポーツ選手が最高のパフォーマンスを発揮する“ゾーン”と呼ばれる究極の集中状態について解説。「ボールが止まって見える」「スローモーション」などのゾーンは一体どんな状態なのか、名選手たちのゾーン体験を紹介しながら、共通点や仕組みなどを解説する。

 ビビる大木は、低予算が生んだテレ東のスポーツ放送“最弱伝説”として、毎年恒例のある有名スポーツ中継の最初の放送がテレ東だったという話を披露。また、現在にも伝わる青梅方式や異業種格闘技のビッグマッチを組めないテレ東が考え出した、常識を覆す“ビッグマッチ”を紹介する。

 40年ヤクルト・スワローズを応援し続けている出川哲朗は、自身が選んだ「俺の伝説のプレー」を紹介。「神宮球場が地鳴りがなるほど揺れた日」について熱を込めて語る。

 収録後、大竹一樹は「皆さんの話をもっと聞けたらよかったと思った。もっと話があるはずなんだけれど、時間がパンパンで。それぐらい盛り上がった」とコメント。三村マサカズも「『朝まで生テレビ!』みたいに、ずっと聞いていたかった」と。

 アシスタントの鷲見玲奈アナウンサーが「私は“テレ東最弱伝説”が一番面白かったです。あと出川さんのVTRも」と話すと、大竹も「笑いを取るのかなと思ったけれど、結構いい話だったね。あまり知られていない話なので、ヤクルトファンのコアな見方なんだと思った」と語った。

 最後に三村は「取り上げるスポーツを知らない人が見ても面白いです。スポーツの裏側の恋愛の話などもあります。今回は収録だったけど、いずれは生放送でやりたいよね。それで放送事故が起きて、10年後に“伝説が生まれた”とか言われたりして」と笑った。

『世界74億人が仰天した映像大放出! 伝説が生まれた瞬間 その時とんでもないことが起きていた!!』
テレビ東京系
7月25日(水)後6・55~9・00
※テレビ大阪は7月31日(火)後6・55~8・54

MC:さまぁ~ず
アシスタント:鷲見玲奈(テレビ東京アナウンサー)
プレゼンター:荻原次晴、川島明(麒麟)、出川哲朗、畠山愛理、ビビる大木、平野早矢香、古舘伊知郎
元アスリート:宇津木妙子(ソフトボール)、荻原次晴(ノルディック複合)、セルジオ越後(サッカー)、中畑清(野球)、畠山愛理(新体操)、平野早矢香(卓球)、丸山桂里奈(サッカー)、山中慎介(ボクシング)(五十音順)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真