• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『私の奴隷になりなさい』続編第2、3章の予告編&ポスター解禁

©KADOKAWA 2018

©KADOKAWA 2018

 2012年公開時、単館上映ながら1館で興行収入2000万円超えを記録。映画のヒットとともに壇蜜の名を世に知らしめた伝説の映画『私の奴隷になりなさい』。その続編となる、第2弾『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』、第3弾『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』が9月、10月に公開される。このたび第2章、第3章の予告編とポスタービジュアルが解禁された。

 2章連続主演を『ケンとカズ』『北の桜守』『万引き家族』『空飛ぶタイヤ』など話題作への出演が相次ぐ、実力派新進俳優・毎熊克哉と、各章のW主演となる行平あい佳と杉山未央が務める。1人の男を通じて新たなるヒロインと描く、支配する者、される者の性愛の果てにある究極の世界へと誘う!

 第2章の予告編は、明乃(行平あい佳)という1人の女性が目黒(毎熊克哉)に口説かれる場面から始まる。目黒から強引に迫られ、関係を持ってしまう2人。目黒と出会ったことにより、明乃が性の欲望に目覚め、次第に快楽に溺れていく様子が見て分かる。一方で目黒は明乃の夫・瀬尾から「これからも妻との関係を続けてほしい」「行為はよりハードに」と赤い首輪を渡されるという理解しがたい場面も…。

 さらに、婚約者・希美(百合沙)からは浮気を疑われつつも、目黒は明乃へ目隠し、首輪にリードなどより過激な調教を通して、明乃は“奴隷”として覚醒していき、めくるめく官能の世界の虜になっていくさまが描かれている。最後は、妖艶な表情で赤い口紅をつけ、心身ともに変化した明乃を見ることができる。

 第3章の予告編では、見ず知らずの場所で目が覚めた女性が目黒からいきなり激しくキスをされる場面から始まる。その女性は強烈に調教願望を持つ女性、繭子(杉山未央)。目黒の調教により、化粧っ気のない地味で奥手な繭子がいつしか眼鏡を外し、口紅を塗り、美しい女性になっていく姿が映し出されていく。

 また、真っすぐに目黒を見つめ「私を壊してください」と繭子自ら“ご主人様”である目黒にお願いする姿も。腕を縛られるなど激しい調教を通して、今まで味わったことのない快楽を知り、繭子の理性は徐々に崩壊し、抑圧されていた欲望が解放されていく。

 さらに、目黒の奴隷たちである早紀(川合瑞恵)、詩織(範田紗々)、美里(山根千芽)、そして目黒と同じく支配する側にいる女王様の真奈美(福山理子)も登場。真奈美による鞭打ちシーンの後、体中に包帯の巻いた目黒が「許してくれ」と意味深な言葉を発するが何を意味するのか。

 最後は淫らな快楽に溺れ、下着を口に入れられる繭子を横目で見ている目黒が映し出される。“支配と隷属”、究極の愛の世界で生きる目黒、繭子が迎える結末とは?

 第2章、第3章どちらもエロティックで想像力をかき立てる官能的な予告に仕上がっている。

予告編
■ロングVER

■ショートVER

『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』
9月29日(土)2週間限定
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

出演:毎熊克哉 行平あい佳
百合沙 三浦誠己
原作:サタミシュウ「ご主人様と呼ばせてください」(角川文庫) 
監督:城定秀夫 脚本:石川均 城定秀夫 制作:ステアウェイ 製作・配給:KADOKAWA
©KADOKAWA 2018  

『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』
10月13日(土)2週間限定
池袋シネマ・ロサほか全国順次公開

出演:毎熊克哉 杉山未央
百合沙 行平あい佳/池田良 石田佳央 原田裕章/河合瑞恵 範田紗々 山根千芽 福山理子 榊英雄

原作:サタミシュウ「おまえ次第」(角川文庫) 
監督:城定秀夫 脚本:石川均 城定秀夫 制作:ステアウェイ 製作・配給:KADOKAWA
©KADOKAWA 2018

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える