• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

AKB48グループ感謝祭が「松村香織大感謝祭」に!?

『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』が、8月1日に横浜アリーナで開催された。

 AKB48グループ感謝祭初日は、AKB48世界選抜総選挙で100位から17位に入った84名が出演。最上位となる17位にランクインしたSKE48・松村香織は「松村香織大感謝祭コンサート!」と勝手にイベントタイトルを言い換え、会場を沸かせた。

 コンサートは、松村のソロ曲「マツムラブ!」で開幕。笑顔を振りまきながらステージを駆け回った松村だが、調子に乗り過ぎた罰で、落とし穴に落下。その瞬間に残りのメンバー全員がステージに登場し、落とし穴の中で松村が粉まみれになる中、「#好きなんだ」をパフォーマンスし、正式にランクインコンサートが幕を開けた。

 ユニットコーナーの先陣を切ったのは、BNK48のチャープランとミュージック。BNK48から参加しランクインを果たした2人が「てもでもの涙」をタイ語ver.で初披露した。

 その後は、アンダーガールズ(17~32位)にランクインしたメンバーがセンターを務めるユニットで構成。NGT48・加藤美南センターの「鏡の中のジャンヌ・ダルク」では加藤が得意とするバトンを取り入れ、SKE48・北川綾巴センターの「12月のカンガルー」では、LEDパネルとリンクしながら瞬間移動をするなど、それぞれ趣向を凝らしたパフォーマンスで魅了した。

 18位のSKE48・高柳明音は、鳥好きということで「Bird」を披露。しかし、ユニットを組む松村が「やっぱり納得いかない!」といきなり曲を中断し、オープニングで中途半端で終わった「マツムラブ!」をいきなり歌い出すハプニングが。しかし、結局最後には、松村は高柳を道連れに再び落とし穴に落ち、「17位&18位ありがとう!!」と感謝を伝えた。

 トークコーナーでは、総選挙で10年連続ランクインの快挙を果たした峯岸みなみが、若手メンバーに10年以上のAKB48の歴史の中での騒動などをイジられる展開に。昨日発表された同期で卒業メンバーの前田敦子の結婚についても「ネットニュースで知った…」と寂しそうに語り、メンバーや会場から笑いが起こった。

 今回の感謝祭でも「推し席」が採用されており、終盤には、メンバーが自分の推し席に移動してパフォーマンス。応援してくれたファンの近くで、あるメンバーは満面の笑顔で、別のメンバーは涙を流しながらと、それぞれ感謝の気持ちを伝えた。

 高柳は「ここには皆さんが連れて来てくれました。心から感謝します」と、メンバーの気持ちを代弁し、会場に集まったファンに感謝の気持ちを伝えた。

 ラストにも、松村がそれまでとは一変し真剣な表情で「1年の中で一番ファン人との絆を感じることができるイベントです。皆さんのありがたさや、支えてもらっていることをあらためて感じることができました。感謝の気持ちを忘れずに一人ひとり歩んでいきます。これからもよろしくお願いします」と語った。

 コンサートの終盤には、ドラマ『マジムリ学園』が舞台化されることを発表。舞台版は、ドラマで主演を務める小栗有以(AKB48)と岡田奈々(AKB48/STU48)によるW主演となる。追加キャストなど詳細は追って発表される。

©AKS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える