• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木亮平“薩長同盟”に熱い思い「バシッと気合を入れた」『西郷どん』8・26放送

©NHK

©NHK

 大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合ほか)の第32話(8月26日(日)放送)の試写会が、東京・渋谷NHK放送センターで行われ、鈴木亮平、玉山鉄二が見どころを語った。

 先日放送された第31話は、坂本龍馬(小栗旬)、桂小五郎(玉山鉄二)と下関で会う約束をしていた西郷吉之助(鈴木亮平)が京へ呼ばれてしまったため、海江田俊斎(高橋光臣)に手紙を託した。その手紙を海江田が桂の元へ届けなかったことから、吉之助は桂からの信頼を失ったところで幕を閉じた。第32話は、一橋慶喜(松田翔太)によって長州征伐の勅命が出されるところからスタート。日本という国を救うために、長州と手を結ぼうと尽力する吉之助、大久保の姿が描かれ、やっとのことで薩長同盟を結ぶこととなる。

 鈴木は「この『西郷どん』において薩長同盟は一つの大きなイベント。逃したくないという気持ちを持って、バシッと気合を入れて撮影に挑みました。何度もリハーサルを重ねていくうちに、気持ちの思うままにやってみようということになり、僕らもゴールが見えないまま、本当の薩長同盟に臨むような気持ちで『よーい、スタート』という声を聞いたのを覚えています」と。

 まだこの第32話を見ていないという鈴木は「制作統括の櫻井賢さんや見た人から感想を聞くと、すごく良かったっていう話を伺いました。苦しめば苦しむほど、みんなでコミュニケーションをとって作り上げたものはいいものになるんだなってすごく思ったシーンになりました。俳優として勉強になりました」とコメントした。

 撮影時のことを聞かれた玉山は「リハーサルの段階から亮平君をはじめ、このシーンに関わっている人たちから、この薩長同盟を大事にしているっていう空気をひしひしと感じました。台本で10ページに及ぶ場面。ドライやテストで芝居を組み立てていく中で、みんながアイデアを出して。小栗君は『僕のカットいらないんじゃない?』とか。自分のキャラを際立たせることよりも、このシーンがより良くなることを目指して、皆で突き進んでいきました。撮影は21時から始まったんですが、気づいたら0時をまわっていました」と明かした。

 この第32話では、吉之助と大久保が協力し、幕府に反発するシーンも描かれる。鈴木は「瑛太君とのシーンは台本で見るよりもはるかに熱のこもったシーンに自然となっていくんですよ。お互いに思い入れが強いので、話し合いをしなくても自然とすごくいいシーンになっていくのが本当に楽しいんです。今の吉之助にとって、本音でぶつかり合えるのは一蔵どんだけ。この第32話でも、吉之助として思いもよらない言葉が自分の中で浮かんでくるので、その思いが冷めないうちに監督に相談してせりふを足しました」と明かした。

<第32話「薩長同盟」あらすじ>
ついに、孝明天皇より二度目の長州征伐の勅命が下された。それに対し、大久保一蔵(瑛太)は、「義のない勅命は勅命にあらず」と幕府に従わない姿勢を明確に打ち出す。西郷吉之助(鈴木亮平)は坂本龍馬(小栗旬)に、再び長州との仲を取り持ってほしいと頼み込む。龍馬は動き長州のために薩摩名義で銃や軍艦を買いそろえると桂小五郎(玉山鉄二)を説得するが、薩摩に対する不信感が強い桂は腰をあげようとしない。

NHK大河ドラマ『西郷どん』

NHK総合
毎週日曜 午後8時放送

BSプレミアム
毎週日曜 午後6時放送

番組サイト:https://www.nhk.or.jp/segodon/

©NHK

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える